English | Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


■ Pho Gia Truyer / Hanoi
2014/12/28 22:48 |
PhoGiaTruyer_1410-201.jpg

English click here.

日本ではラーメン屋の行列は日常茶飯事だが
ハノイにもすごい行列のフォー屋さんが
あると聞いたのでさっそく行ってみた
お店の名前は

 ■Pho Gia Truyer  (フォー・ザートゥイン)


PhoGiaTruyer_1410-202.jpg

お店は朝早く開店し、10時過ぎには
売り切れてしまうと言う人気らしい
なので、朝早く起きて、ホテルから
15分ほど歩いていった
到着したのは午前8時半

 げげげっ! もうこんな行列

すごい人気だね

PhoGiaTruyer_1410-203.jpg

ハノイのフォーは牛肉をつかった
フォーボー(Pho Bo)が主流
ここもフォーボーのお店だ
メニューは3種類

 ・Pho Bo Tai Nam 50kドン
 ・Pho Bo Tai 45kドン
 ・Pho Bo Chin 40kドン

フォーボー・タイは半生の牛肉が乗せ
フォーボー・チンは火の通った牛肉乗せ
そして、タイナムは両方が乗ったもの

PhoGiaTruyer_1410-204.jpg

行列に並ぶことおよそ15分
ようやくオーダーができるカウンターまで
たどり着いた

もちろん両方乗せを頼む。
1杯250円ほど

オーダーカウンタと調理場は同一だ
自分のができるまで、その前で作業を楽しむ

この黒いTシャツのお兄さんは
麺を丼に入れるのが仕事だ
ものすごいスピードでつぎつぎと
丼に麺をいれていく

PhoGiaTruyer_1410-205.jpg

カウンターの一段下がったところでは 
手前のおじさんが火の通った肉を切る
真ん中のおばさんが半生の肉を
麺の上に乗せる

PhoGiaTruyer_1410-206.jpg

そして、しましまのお兄さんが
大鍋からスープをすくって丼に入れる
すばらしい連係プレイだ

それを眺めながら
自分のはまだかまだかと待ちわびる
5杯目くらいに自分の番が回ってきた

PhoGiaTruyer_1410-207.jpg

自分の丼をもらったら、こんどは
それを持って席まで行かなければならない
こんだけ混雑していたら当然席取りなんて
できないから、熱々の丼を持って
座るところを探す

しかし、やっぱりベトナム人は親切だ
丼をもってキョロキョロ見回していたら
ここが空いたから座れと声をかけてくれた

PhoGiaTruyer_1410-208.jpg

楽しみにしていたフォーボー・タイナム
めっちゃ旨そうだ!

まずはスープをひとくちいただく

 うわぁ、旨い!

思わず声を出してしまうほどの旨さだ
日本語で旨いっと声を上げたら
まわりのベトナム人がみんなこっちを見て笑う

PhoGiaTruyer_1410-209.jpg

肉を持ち上げてみる
レアで赤かったお肉が、熱いスープで
だんだんとミディアムレアになってくる
柔らかくて肉の味が最高に旨い

火の通った肉ももちろん旨いが
やっぱりまさいは半生のほうが好きだ

PhoGiaTruyer_1410-210.jpg

じゃあ、フォーをいただきま〜す!

これまた旨い
つるつるとした食感がたまらない

そして、すごい量のフォーが入ってる
この肉の量とフォーの量で
250円はすごくお得感がある

ベトナムの人たちは
最初からレモン絞ったり、唐辛子を
いっぱい入れたりするけれど
まさいは、最初はそのままの味を楽しむ

そして途中からすこしずつ味を変えて
2度も3度も旨さを楽しむ

PhoGiaTruyer_1410-211.jpg

いやぁ、旨かった
このお店のフォーボー、なにが旨いって
やっぱりスープが最高だな
しかも、レモンも唐辛子もいれない
オリジナルのスープがほんとうに旨い

食べ終わったら次の人のために
すぐに席を空けてあげなければ。

PhoGiaTruyer_1410-212.jpg

並び始めてから食べ終わるまで
およそ30分
行列の長さに驚いたが意外と早かった

ほんとに美味しかったので
またハノイに行ったときには
ぜったい再訪するよ。

ごちそうさまでした♩


──────────
【訪問日】 2014年10月 
【店名】 Pho Gia Truyer (フォー・ザートゥイン)
【ジャンル】 フォーボー
【住所】 49 Bat Dan Old Quarter, Hanoi, Vietnam
【キーワード】 牛肉のフォー Pho Bo ハノイ ベトナム Hanoi Vietnam
──────────





___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Pho Gia Truyer / Hanoi
2014/12/27 09:42 |
PhoGiaTruyer_1410-201.jpg

We often find a waiting queue in front
of a popular ramen restaurant in Japan.
But I have got an information about such pho
restaurant in Hanoi.
So I visited there with a big interest.
The name of the restaurant is

Pho Gia Truyer

PhoGiaTruyer_1410-202.jpg

This pho restaurant opens early in the morning
and it may be sold out around 10am.
So I got up earlier than usual and walked 15 mins
from the hotel.
I arrived at the restaurant at 8:30, but ...

   Oh God !  There exists a long queue already !!

That's amazing.

PhoGiaTruyer_1410-203.jpg

The main stream of pho in Hanoi is Pho Bo.
This restaurant also serves Pho Bo.
There are three menus,

 ・Pho Bo Tai Nam 50,000
 ・Pho Bo Tai 45,000
 ・Pho Bo Chin 40,000

Pho Bo Tai is pho with rare beef.
Pho Bo Chin is pho with well cooked beef.
And Pho Bo Tai Nam has both.

PhoGiaTruyer_1410-204.jpg

Waiting on the queue about 15 minutes
and I have arrived at the order counter at last

Of course I order pho with both kind of beef
It is almost US$2.5

The order counter and the kitchen is same place.
I enjoy watching cooking until my bowl comes.

This guy with black shirt puts pho in the bowl.
He put pho very quickly and continuously

PhoGiaTruyer_1410-205.jpg

At the opposite side of the counter,
a mister cuts the well cooked beef
a lady in the center puts the rare beef on pho

PhoGiaTruyer_1410-206.jpg

And then, the young man with striped shirt
pour the soup in the bowl.
What a great linking play by four people.

I am eagerly waiting for my bowl.
At last I got it after 5 bowls.

PhoGiaTruyer_1410-207.jpg

I receive my bowl and then I have to bring it
to the seat by myself.
Of course, I cannot keep my seat beforehand
in such a crowded restaurant.
So I have to find my seat with a very hot bowl.

But the Vietnamese are so kind as usual.
One lady called me and gave me a seat for eat.

PhoGiaTruyer_1410-208.jpg

My Pho Bo Tai Nam looks so delicious !
I eat soup first of all.

 Wow, Umai ! (So delicious !)

I've cried in Japanese.
Then every Vietnamese laughed at me, hahaha.

PhoGiaTruyer_1410-209.jpg

Picking up the meat.
The red rare beaf has turn into medium rare
by hot soup.
Beef is so soft and especially delicious.

Well cooked beef is also delicious but
I love rare beef more

PhoGiaTruyer_1410-210.jpg

Itadaki masu ! (Let's eat)

Pho noodle is also so nice.
The texture of pho is special.

And the volume of pho is so big.
50,000 VND is so good price with such
a big beef and pho noodle.

Vietnamese add lemon or red pepper
at the very first stage of eating.
But I enjoy original taste of the soup first.

And at the middle stage of eating,
I add lemon or red pepper gradually to enjoy
twice or three times with one bowl.

PhoGiaTruyer_1410-211.jpg

So great !

I  especially love the original soup of this pho
without lemon and red pepper.
I enjoyed so much.

When I finish eating I have to leave as early as
possible for the next person.

PhoGiaTruyer_1410-112.jpg

It took about 30 minutes since I arrived here until finish.
I was surprised at the long queue but it took less
than I expected.

It was really delicious so I would visit here again
when I come back to Hanoi next time without fail.

Gochisou sama deshita !


___________________________
ベトナム | コメント(0)


■ Muối Ớt Xanh / Ho Chi Minh
2013/12/01 20:30 |
MuoiOtXanh_1312-101.jpg

いやぁ〜、素晴らしかった

ホーチミンのベトナム友に
連れて行ってもらったこの麺レストラン
予期せず想定外の絶品スープ

後にも先にもこんなに旨いスープの
ヌードルは食べたことない
ダントツでナンバーワンだ

MuoiOtXanh_1312-102.jpg

ホーチミンの中心で開催されていた
Holland Village 2013というイベントで
エキサイトしたあと、晩ごはんにいこうと
バイクでつれてきてくれたこのお店

 ■ Muối Ớt Xanh

Google翻訳しても意味がよくわからないけど
こういう名前のお店

MuoiOtXanh_1312-103.jpg

ここではこれが旨いと、ベト友たちが
勝手に注文してくれた
そして、5分ほどして
どーんと出てきた

 ・Bánh canh Ghẹ  75kドン

注文したのはカニの麺とは聞いていたが、
こんな大きなカニがど〜んと乗っているとは
まったくの予想外だったのでビックリ

直訳すると、Crab Cake Soupとでてきたが
蟹がまるごとはいってるスープって意味かなぁ

MuoiOtXanh_1312-104.jpg

なんとも言えない美味しそうな色の
このスープをまずは味わってみる

 うへ〜、なんだこの旨さは!

最初にも書いたが
このスープのうまさには感動したっ!
筆舌に尽くし難い素晴らしさだ

どんな旨さかと聞かれても
なんとも答えがたい絶妙な味だ
興味ある人はホーチミンまで
食べに行ってほしい

MuoiOtXanh_1312-105.jpg

いただきま〜す!

麺は太めで
もちもちしたきしめんみたいな感じ
フォーとはまた違う食感だ

こんな素晴らしいスープで食べるので
この麺ももちろん旨い!

MuoiOtXanh_1312-106.jpg

そして、カニを分解して身を食べるのだが
これがまた一苦労
最初のうち、お箸でがんばって分解してたが
途中から手をつかってばらし始めた

それでも旨いので
手をベトベトにしてがんばって食べる

MuoiOtXanh_1312-107.jpg

この日は3人で行ったが
カニの身を食べ始めたあたりから
3人ともなにも喋らず黙々と食べる

カニを食べる時に黙ってしまうのは
万国共通のようだ

30分ほどかかってようやく食べ終わった
この麺を食べ慣れてるベト友は
すこしスープを残していたが
まさいはもちろんスープも残さず完食
おかわりが欲しいくらいだ

MuoiOtXanh_1312-108.jpg

いやぁ〜、ほんとに旨かった
次回、ホーチミンに行ったときには
もちろんここは再訪したい

ほんとにいいところに連れて行ってくれて
どうもありがとう

ごちそうさまでした!

──────────
【訪問日】 2013年12月 
【店名】 Muối Ớt Xanh
【ジャンル】 Bánh canh Ghẹ (蟹ヌードル)
【住所】 484 Nguyễn Tri Phương, P. 9, Quận 10, TP. HCM, Vietnam
【最寄り駅】 バス20/14/27番 559A Ba Tháng Haiバス停 徒歩3分
【キーワード】 ホーチミン カニ かに 蟹 ベトナム Ho Chi Minh Vietnam 
──────────



___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Cu Chi / Vietnam
2013/12/01 12:18 |
CuChi_1312-301.jpg

ホーチミン市内からローカルバスをみっつ
乗り継いでやってきたところ
はここだ

 ■ Cu Chi(クチ遺跡)

ベトナム戦争のとき
ベトコンの人たちが壮大な地下壕を掘って
生活していた地下都市だ

CuChi_1312-302.jpg

クチ遺跡はいまは観光名所になっていて
入り口でまず入場券を購入する

 ・ベトナム人 20kドン
 ・外国人   70kドン

ベトナム人は100円で外国人は350円
けっこうな差があるがまあ物価レベルを
考えると妥当な金額か

CuChi_1312-303.jpg

遺跡に入るとまず大量の砲弾が飾ってある
片手で持てそうなものから
人間の背丈くらいある巨大なものまで様々

大半は金属製だが、竹とかを使って
手作りしたものもある
これを見ていると
すごいものが大量に空から降って来たんだと
ほんとに驚いてしまう

CuChi_1312-304.jpg

砲弾の展示のところから
しばらく歩いて行くと
いよいよクチの大本命
地下壕の入り口だ

この入り口は階段になっていて
比較的入りやすいが
入り口の穴はかなり小さい

巨大な欧米人だったら
きっと入れないだろう

CuChi_1312-305.jpg

その階段を地下に降りると
すこし広い穴倉に出る

向こうに少し見えているのが
いま降りて来た階段だ

このあたりは柔らかい岩の地層なのか
とてもキレイに穴を掘ってある

CuChi_1312-306.jpg

そしてこれは次の地下室に繋がる
地下の通路だ

どういう道具を使って
穴を掘ったのかわからないが
ほんとに綺麗なトンネルになっている

幅はまさいには十分な幅だが
高さが低いので
ずっと前屈みになって進まないといけない

CuChi_1312-307.jpg

これは地下室のなかにある井戸だ
直径60センチくらいの
かなり深い穴を掘ってあるが
いったいどうやって掘ったのかとても不思議

いまも底のほうにすこしだけ
水が溜まっていた

CuChi_1312-308.jpg

これは地下室に空気を取り入れる為の
空気穴だ
穴のあいた地面の上に岩を乗せて
外からはほとんどわからないようになってる

いろいろと工夫をしてるよね

CuChi_1312-309.jpg

これはまた別の秘密の入り口

普段は落ち葉で隠されていて
その落ち葉をのけると
下から、フタをした入り口が現れる

CuChi_1312-310.jpg

フタを取るとそこは四角いマンホール
垂直な穴を通ってしたに入って行く

入ってるのは友達のXさん
小柄な女性でもいっぱいいっぱいの
サイズの穴なので、
太った人はきっと入れないと思う

CuChi_1312-311.jpg

その穴を降りて行くと
このようになっている

垂直な穴のあと、
数段の階段になっている

CuChi_1312-312.jpg

そこをさらに進むと
このように地下の通路になっている

穴を降りてすぐのところには
地下室はなく
このずっと先に部屋があるようだ

この穴も天井が低いので
前屈みにならないと通れない

CuChi_1312-313.jpg

これは地下室のまわりの地上の
あちこちに掘られている落とし穴

木の枝や葉で完全に覆われているので
素人目には穴があるなんてまったくわからない
そして、穴の底には
尖った鉄棒が何本も立っている

ここに落ちたことを想像すると
それだけでカラダが痛くなってくる

CuChi_1312-314.jpg

地下の通路の大きさがわかるように
友達のXさんに座ってもらった

小柄な女子でこんな感じ
巨大な男性だと絶対通れないだろう

敵の米兵がこの地下都市を見つけて
中にはいろうとしても、入れないサイズだ

CuChi_1312-315.jpg

これは地下のかなり奥にある中央司令室
この部屋は広さも普通の会議室並み

なによりも驚いたのが天井の高さ
長身の男性でも普通に歩き回れる

CuChi_1312-316.jpg

壁には作戦地図が貼ってあって
ベトナム戦争末期の
ホーチミン陥落のときの
各部隊の動きなどが詳細に記述されている

CuChi_1312-317.jpg

この地下都市には
兵隊だけでなく普通の人たちや
子どもたちも生活していた

だから、子供用の学校も準備されている
半分地上、半分地下のような感じのスペース
普段は太陽の光をうけて勉強しているが
敵が攻めて来たらすぐに地下壕に
逃げ込めるような構造になっている

CuChi_1312-318.jpg

これは地下都市の構造の断面図
深いところからは地上に空気穴が
繋がっていて、酸欠にならないように
工夫されている

まるで蟻の巣の断面を見ているようだ

CuChi_1312-319.jpg

クチの地下都市を2時間ほどかけて
ゆっくり見て回った

そして、出口あたりには
休憩所やお土産屋さんが並んでいる

平和ないま
クチの地下壕を見て回ると
とても興味深い、ある意味楽しそうな
地下の街を見ることができたが
戦時中はもう生き延びる為に
文字通り必死でこれを作ったのだろう

この日はベトナム人の3人の女子が
ここに連れて行ってくれたのだが
戦時中の想像を絶するすごい遺跡と
明るく楽しそうな彼女たちの表情の
コントラストがとても印象に残った

やっぱり平和が大切だ
ありがとう♩

訪問日:2013年12月
KeyWord:クチ ホーチミン ベトナム Cu Chi, Ho Chi Minh City, Vietnam





___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ ローカルバスでCu Chiへいった
2013/12/01 09:14 |
HCM_Bus_1312-101.jpg

2013年12月初め
ホーチミンに数日滞在したとき
友だちのXuanさんがクチに行こうと
誘ってくれた
クチ(Cu Chi)のことはまた別に書く

この日はバイクではなく
バスで行くらしい

さっそくホテルの近くで
バスに乗ろうとしたら
停まってくれなかった

以前はどこでも乗れたが
どうやら最近ルールが変わって
バス停でしか停まらないらしい

どこがバス停なんだろうと
不審に思ってたら
↑の写真のように
道路上に書いてある
この文字がバス停らしい

HCM_Bus_1312-102.jpg

来た〜!
さっき乗り損ねた
41番のバス

今度はちゃんと停まってくれた
よかったぁ♪

HCM_Bus_1312-103.jpg

バスに乗り込んで
座席に座ると
車掌さんがやってくる

ベトナムにはいろんな雰囲気の
車掌さんがいるが
このバスの車掌さんは
前に立ってるピンクのパーカー
高校生くらいの女の子

HCM_Bus_1312-104.jpg

ホーチミン市内のバスは
ぜんぶ5千ドン均一だと思ったら
路線によってちがうらしい
この路線は

 ・6000ドン

およそ30円
お金をはらうと
こんなきっぷをくれる

HCM_Bus_1312-105.jpg

しばらく行くと
バスを降りて別の路線に乗り換える
ここでXuanさんの友だちの
Thomさんが合流してくれた

じつは市内までローカルバスで行き
そのあとツアーバスで
Cu Chiに行くのだと思い込んでたが、
どうやらローカルバスを乗り継いで
現地まで行くらしい。

それに気づいたとき
めっちゃ嬉しくて興奮してきた

二つ目のバスは94番
これはその94番のバスの車内
ラッシュ時を過ぎてるので
わりとのどかな感じ

このあと、途中のバス停から
もう一人、Tyuetさんが合流
合計4人になって盛り上がる

HCM_Bus_1312-106.jpg

94番のバスの終点のちかく
肩からなんかいっぱいぶら下げた
物売りのおばさんが乗ってきた

失礼ながら
この物売りおばさんを見たとき
こんなん誰が買うんやろ? って思った

で、やや横目ぎみで見てたら
同行のXuanとThomが嬉しそうに
いっぱい買い始めた

正直、ちょっとびっくり(笑)

HCM_Bus_1312-107.jpg

バスターミナルのようなところに
到着して、いよいよか〜と思ったら
Cu Chiトンネルに行くためには
もうひとつバスを乗り継がないといけない

こんどは79番のバスに乗る
まだ、あと30分くらいかかるらしい

HCM_Bus_1312-108.jpg

これがさっき
売り子のおばさんからかったお菓子
ベトナム南部では
めちゃポピュラーなものらしい

食べてみるかと聞くので
うん、もちろん!と
よろこんでお願いした

HCM_Bus_1312-109.jpg

袋の中にはライスペーパーと
ふりかけのようなものが入ってる

まず、ライスペーパーを広げる
その上にふりかけをそれに乗せる

HCM_Bus_1312-110.jpg

そして春巻を巻くように
細長く巻いていく

ライスペーパーが乾燥してるので
ふりかけをこぼさずに巻くのは
けっこう難しい

HCM_Bus_1312-111.jpg

巻き終わると
いっしょについてきた
小さなカップのなかの
シロップのようなのに漬けて
そしていただく

HCM_Bus_1312-112.jpg

中に巻いた
ふりかけ状のものは
やや塩味のある
ほんとにお魚のふりかけみたい

そして甘くて旨い
シロップにつけるので
甘みと塩味がバランスして
とても美味しい

きっとこのあたりの子どもたちの
毎日のおやつなんだろうね

とても素敵な体験をさせてもらったよ♪

HCM_Bus_1312-113.jpg

バスの車窓をみていると
都会を離れて
だんだん田舎の風景になってくる

いよいよCu Chiに近づいて
ワクワクドキドキしてきた

HCM_Bus_1312-114.jpg

Cu Chi トンネルの入り口で
バスを降りる
ここで大半のお客さんが降りた

最初にバスに乗ってから
およそ2時間
いよいよCu Chiトンネル

でも、ここまでの行程が
めっちゃ楽しかったので
これだけでも満足だったよ

(つづく)


■ベトナムの話 ぜんぶ



大きな地図で見る
___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Thuy Duong(やぎ肉とおこげ) / Ninh Binh / Vietnam
2013/08/18 14:39 |
ThuyDuong_1308-101.jpg

Tam CocView Point
そして、Trang Anとまわったあと
この日の〆は少し遅めのランチだ

View Pointを出たあと
バイタクの運ちゃんと片言の英語で話した

 まさい Ninh Binhはヤギが旨いらしいね
     どこかいい店あるかい?
 運ちゃん 心配するな。今日のランチに
      絶品の店に連れて行ってやるよ
 まさい おお、ほんとうか! 楽しみだ♩

ThuyDuong_1308-102.jpg

それがここらしい。

 ■ Thuy Duong

てっきり街中に行くのかと思っていたら
人里離れた道路沿いにポツンと建っている

ThuyDuong_1308-103.jpg

メニューはこれだ
外の看板の写真にはヤギと鶏の
写真が載ってたが
メニューもヤギと鶏だ

 De:ヤギ
 Ga:鶏

そして、Ninh Binhのもうひとつの
名物もある

こりゃ楽しみだ!

ThuyDuong_1308-104.jpg

まず最初に頼んだのはもちろんヤギ肉

 ・De Xao   120kドン
  (Stir Fried Goat)

およそ600円
単なるヤギの焼き肉かと思ったら
どうやら葉っぱ類といっしょに
ライスペーパーに巻いて食べるらしい

店員さんが教えてくれる通り
手のひらのうえにペーパーをひろげ
そのうえに葉っぱとキュウリみたいなんと
そしてヤギ肉を乗せる

ThuyDuong_1308-105.jpg

店員さんが見事な手つきで
やりかたを教えてくれる

すごく易々とやってしまうので
簡単なのかと思うと、意外にむずかしい
なかなか綺麗なロールにならない

ThuyDuong_1308-106.jpg

これは可愛い店員さんが作ってくれたやつ
すごくスリムな生春巻きのようだ

ぜんぶ空中でやってしまったが
とても堅く丸められてる

じゃあ、いただきま〜す!

おお、旨い!

羊肉をさらに野性的にした感じ
けっこうにおいがきついが
これは病みつきになる旨さだ!

ThuyDuong_1308-107.jpg

Ninh Binhに来る前に
ホテル女子と話したときのこと

 まさい 明日、ニンビン行くんだけど
     なにか美味しいものあるかい?
 ホ女子 あるわよ〜、ヤギとおこげ
 まさい へぇ、おこげ?!

ヤギ肉が旨いことは知っていたが
こんなところにおこげがあるなんて
ちょっと意外だった

そのおこげがこれだ

 ・Com Chay sot De 80kドン
    Crispy rice with goat soup

およそ400円

ThuyDuong_1308-108.jpg

そしてこのヤギ肉スープがついて来る
絶妙な味付けで、とろみがついてる

味は濃い目だが
これだけ食べてもとても美味しい

ThuyDuong_1308-109.jpg

中国のおこげもそうだが
揚げたてのおこげに熱々のスープをかける
そうすると、じゅわぁ〜という音を立てて
スープの香りがまわりに漂って来る

いやぁ、実に旨い!

ヤギ肉や野菜がたっぷりはいったスープ
そして、あつあつのおこげ
絶妙なコンビネーションだ

ThuyDuong_1308-110.jpg

このお店のやぎ肉
ほんとうに旨かった

2品でおよそ1,000円
ベトナムにしてはちょっと高く感じるが
ボリュームがすごくあるので2品を
3人くらいでシェアすればちょうどいい分量
そうすると一人あたり300円ちょいなので
とてもリーズナブルなお値段だ

ThuyDuong_1308-111.jpg

お腹が破裂するほどヤギ肉を堪能して
お店をあとにする

バイタクでしばらく走ると
むこうからなんかの群れがやってくる

 おお、やぎさんだ!

Ninh Binhではヤギをこんな感じで
放牧しているらしい
右のうしろにいるチャリのおじさんが
このヤギさんたちの飼い主らしい

とても可愛いのでしばらく眺めていたが
さっきヤギ肉を食べたばかりだったので
ちょっとばかし後ろめたい気分だった

ThuyDuong_1308-112.jpg

ヤギさんの群れとお別れしたあと
のどかな田舎道をバイタクでゆっくりと走り
午後3時頃ホテルに戻って来た

いやぁ、じつに内容の濃い1日だったよ
わずか13ドルのバイタクでほんとに楽しめた

バイクのお兄ちゃん、どうもありがとう!

──────────
【訪問日】 2013年8月 
【店名】 Thuy Duong
【ジャンル】 ヤギ肉とおこげ
【住所】 Ninh Binh, Vietnam
【キーワード】 ニンビン タムコック チャンアン ベトナム Ninh Binh Tam Coc Trang An Vietnam
──────────

           
___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Trang An / Ninh Binh / Vietnam
2013/08/18 12:58 |
TrangAn_1308-201.jpg

Ninh Binh(ニンビン)滞在の2日目
チャーターしたバイタクで精力的にまわる

有名なTam CocView Pointを楽しんだあと
知名度は低いが、人気度抜群のココに行った

 ■ Trang An (チャンアン)

ニンビンに行く前に調べたとき
ガイドブックにはほとんど記述がない

TrangAn_1308-202.jpg

ところがTrip Advisor ではダントツの1位
それでとても興味がわいたのだ

ホテルでバイタクを頼むとき、Tam Coc
Trang Anの両方行きたいといったら、
どっちも同じだから片方で十分だよと言われたが
いや、ぜひ両方行きたいんだと無理に頼んだ

TrangAn_1308-203.jpg

駐車場から橋を越えていったところで
チケットを買ってもらう

Trang Anの舟は3人以上集まらないと
出発してくれないと聞いていたので
どうしたらいいのかと思ってたら
バイタクの運ちゃんがどこかから
先に待ってた2人を見つけてきてくれた

TrangAn_1308-204.jpg

ここが舟の乗り場だ
Tam Cocではかわいい女の子連れの
お母さんが漕ぎ手だったが
今回は若いお嬢さんが漕いでくれる

TrangAn_1308-205.jpg

こちらが同乗のお二人さん
フランスから休暇で来ているらしい

ベトナムに3週間、カンボジアに1週間
合計1ヶ月の夏休みなんだそうだ
いいなぁ

まさいは前の席に座って
おふたりがうしろの席に座る

景色を眺めていると
うしろから心地よいフランス語が
BGMのように流れて来る

TrangAn_1308-206.jpg

さて、出発だ
写真でみるとTam Cocと同じようにみえるが
こちらのほうが川が深いらしく
水の色が濃い緑色をしている

TrangAn_1308-207.jpg

出発してまもなく、団体さんとすれ違った
西洋人、中国人、韓国人などの入り交じった
団体だったので、きっとハノイからなにかの
ツアーで来ている人たちなんだろう

耳をこらして彼らの会話を聞いてみたが
日本語はまったく聞こえてこなかった。

TrangAn_1308-208.jpg

Trang Anでは舟に乗ったらすぐに
ペットボトルのお水をひとつくれる

おお、Trang Anブランドやんか

石灰岩のなかを通った水は
世界中どこでも美味しい

これもTrang Anの石灰岩を通った
すごく美味しい水だよ
日本ではぜったい手に入らないレアものだ

TrangAn_1308-209.jpg

山のかたちはTam Cocと大差ないが
川の色の違いが雰囲気を大きく変えている

のどかさは同等
どっちもファーストクラス並みののどかさだ

TrangAn_1308-210.jpg

眼前に巨大な岩山が迫ってきた
よーく見ると岩山のしたのほうに
薄っぺらい洞窟の入り口らしいのが見える

うへ〜、あんなところに入るのか??

TrangAn_1308-211.jpg

薄っぺらい入り口から洞窟に入る
Tam Cocの洞窟はとても短いもの
ばかりだったが、こっちは本格的だ

かなりの距離があるし
洞窟のなかの川も入り組んでいるので
安全の為かところどころに照明がある

この照明のおかげで洞窟の中の
雰囲気がよくわかる
地底探検をしているようでとても楽しい

TrangAn_1308-212.jpg

洞窟を抜けるとそこにはまた風光明媚な景色
石灰岩でできた山々って、世界中どこでも
こんなにもっこりしてるんだね

舟はさらすすむ

TrangAn_1308-213.jpg

何個目かの洞窟で、前の舟に追いついた
こんどは岩の割れ目にはいっていくよ

洞窟にはいるときの自分たちの
すがたを遠くからみることはできないが
こうやって他の舟をみてると
あんな感じで入って行くんだって思って
なんだかおもしろい

TrangAn_1308-214.jpg

こんどの洞窟もまたかなり奥が深い
そしてすごく天井が低いので
用心して頭を下げないと岩にぶつかりそうだ

TrangAn_1308-215.jpg

洞窟をでたところで
ずっと前を進んでいた舟の人たちと
記念写真の撮りっこ

カメラを向けるとみんな笑顔で
Vサインしてくれたりする
そして向こうの人がこちらにカメラを向けると
もちろん笑顔で被写体になってあげる

TrangAn_1308-216.jpg

しばらくいくと上陸できる島が見えてきた
ここでしばらく休憩をするらしい

乗ってるわれわれもすこし疲れてきたが
漕いでるおねえさんはその何十倍も疲労
しているだろうね

TrangAn_1308-217.jpg

島の上から周りを眺めていると
巨大な岩の下で数艘の舟が
のどかにぷかぷか浮いている

TrangAn_1308-218.jpg

近寄ってみて見ると
岩陰で強烈な日差しを避けて
休憩している舟たちだった

TrangAn_1308-219.jpg

Tam Cocは往きと帰りは同じところの
往復だったが、Trang Anはちがうルートを
通って帰るので、2倍風景を楽しめる

TrangAn_1308-220.jpg

むこうからたくさんの舟がやってきた
どうやら団体さんたちのようで
とってもにぎやかに楽しんでいる

全員オレンジ色の服を着ているので
なんだろうと思ったら、救命胴衣だ
そういえばぼくらは着けていない

まあ、こんなゆるやかな流れだったら
もし、舟から落ちても死ぬことはないね

TrangAn_1308-221.jpg

出発したところの建物が見えてきた
楽しかった洞窟めぐりもこれでおわりだ

出発してから戻るまで
途中の休憩もいれておよそ2時間
長いようであっと言う間のひとときだったよ

TrangAn_1308-222.jpg

この女性が2時間ものあいだ
ひとりで漕いでくださったGiangさんだ

こんな華奢なカラダなのに
ほんとに体力あるんだねぇ

とっても楽しかったです
どうもありがとう!

TrangAn_1308-223.jpg


■訪問日:2013年8月
■KeyWord:チャンアン チャン・アン ニンビン ベトナム Trang An Ninh Binh Vietnam




___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Tam Coc View Point / Ninh Binh / Vietnam
2013/08/18 10:30 |
TamCoc_ViewPoint_1308-101.jpg

Tam Cocでのんびり遊覧を楽しんだあと
Trang Anに行く前に

 ・View Point

というところに連れて行ってくれると言う
てっきり、駐車場の横に建設した
3階建てくらいの展望台を想像していたら
なんと、↑こんな山のてっぺんのことらしい

うへぇ、ちょっとした山登りじゃないか・・

TamCoc_ViewPoint_1308-102.jpg

ここでもチケットを買わないといけない

 ・入山料 30kドン(およそ150円)

けっこういい値段だ
ここはガイドとかだれも居ないので
この入山料は階段や周りの自然の保全に
使われてるのだろう

TamCoc_ViewPoint_1308-103.jpg

登り口の手前に綺麗な公園らしきものが
あったのでちょっと寄り道してみる

この石造りの橋を越えていくと
うっそうと木々が茂っている

TamCoc_ViewPoint_1308-104.jpg

そして木々のあいだに
こんな綺麗な川が流れている
石灰岩でできた地域だけあって
ここの川の水もとても綺麗だ
東南アジアの川とは思えない

TamCoc_ViewPoint_1308-105.jpg

川のほとりの木陰でしばし休憩したあと
登り口にいく

 うへぇ、めちゃ急な階段やんか!

まさいの体力で上まで登れるのか不安だ
それに上に登ったところで
どれだけ景色がいいのかわからないので
ズルしてここでやめて引っ返そうかと
真剣に思った

でも、あとでバイタクの運ちゃんに
感想を聞かれたらなにも答えられないので
やっぱりがんばって登り始める

手すりがカッコいい龍の彫刻になっている
こういうところはベトナムならではだ

TamCoc_ViewPoint_1308-106.jpg

額に大汗をかき、はぁはぁ言いながら
中腹まで登ってうしろを振り返ると
さっきの公園の全景が見えた

へぇ、川が円形になってたんだ。

澄んだ水の川がうっそうとした島を
ぐるりと取り囲んでいる
この風景、ぜんぜん予想してなかったので
ちょっと感動する

TamCoc_ViewPoint_1308-107.jpg

さらに登ると隣の岩山のてっぺんに
祠が見えてきた
いま、まさいがいる場所とほぼ同じ高さだ

トップ写真の右上のほうに小さくみえる祠がこれ
下から見ると、あの祠が頂上かと思ったが
まだまだ上があるのでがんばって登る

そして最後の特に急な階段を登りきると
祠と反対側の視界が開ける

TamCoc_ViewPoint_1308-108.jpg


きた〜っ!

一瞬絶句し
そしていままでの疲れが全部ふっとんだ
絶景とはまさにここの為にある言葉だ

あれが1時間ほど前に
母娘連れの舟で楽しんだTam Cocの川だ
あのとき感動した水の透明さが
ここからでもはっきりわかる

TamCoc_ViewPoint_1308-109.jpg

そして目を凝らしてよく見ると
ゆっくり動いている舟もはっきり見える

アヒルの行列のように
一列にならんでゆっくり進んでる

TamCoc_ViewPoint_1308-110.jpg

そして右のほうに目を向けると
巨大な岩のしたの洞窟に
舟が吸い込まれて行くのが見える

舟からだと岩の断崖しかわからなかったが
洞窟の上にはこんなデカい山があったのだ

なんだかTam Cocのミニチュアモデルを
見ているようでほんとに楽しくて飽きない

TamCoc_ViewPoint_1308-111.jpg

しばしTam Cocの絶景に浸ったあと
反対側の風景を見てみる

わぁ、さっき同じ高さにあった祠が
あんな下の方に見えるよ

こちら側には田園風景がひろがっていて
ところどころにぽこぽこした小山が見える

この絶景を眺めながらつくづく思ったよ
ズルして登らずに帰らなくてよかったって(笑)

TamCoc_ViewPoint_1308-112.jpg

そう感慨に浸ってたら
下から2人の女子が登ってきたので
この絶景ポイントを彼女たちにゆずって
ゆっくりと下山することにする

いいところに案内してくれてありがとう!

■訪問日:2013年8月
■KeyWord:タムコック 展望台 ニンビン ベトナム Tam Coc View Point Ninh Binh Vietnam



___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Tam Coc / Ninh Binh / Vietnam
2013/08/18 08:31 |
TamCoc_1308-101.jpg


ハノイからバスで数時間のところに
Ninh Binh(ニンビン)というところがある
ハノイの友達が教えてくれた
とても風光明媚なところだ


TamCoc_1308-102.jpg

ツアーをつかうと日帰りでも行けるが
ニンビンで1泊して、ゆっくりまわることにした

これはホテルでもらった界隈の地図
1日バイクをチャーターしたら
あちこち連れて行ってくれるらしい

 ・バイタク 1日 13ドル

きょうは3ヶ所行ってもらうようお願いした。

TamCoc_1308-103.jpg

バイタクはいままでホイアンで10分ほど
乗ったことがあるだけなので
ちょっと不安はあったが
やってきた運ちゃんがとても人のよさそうな
若者なのでほっと一息だ

TamCoc_1308-104.jpg

まず最初の目的地はココ

 ・Tam Coc (タムコック)

ニンビンあたりでは一番有名なところだ
ボートで綺麗な川をのぼってゆくらしい

まずはチケットを買わないといけないが
バイタクの運ちゃんが全部やってくれる

 ・観光料 30kドン
 ・ボート代 80kドン

2種類の料金が必要なことも
丁寧に説明してくれた。
両方あわせて110kドン、550円ほど
1時間半くらいボートで遊覧できるので
とても安いよね

TamCoc_1308-105.jpg

この日のボートの漕ぎ手は
かわいい子供連れのお母さんのようだ
乗客の定員は4人らしいが
きょうはまさいひとりで貸切だ
なんだか気分がいいね

同乗の女の子がとても人懐っこくて
写真を撮っていいかい?と聞くと
カメラにむいてVサインでポーズしてくれた

舟が出たあとも、ひとりで可愛く唄を
うたったりして、ほんとに癒される

TamCoc_1308-106.jpg

手漕ぎボートなのかと思ったら足漕ぎだった
すごく上手に両足で櫂をあやつる

さあ、いよいよ出発だ
向こうに見える小さなアーチ橋の
したを通り抜けていくようだ。

TamCoc_1308-107.jpg

ここは川なのだが
水面がまるで鏡面のように静かだ
そして、水がすごく透き通っている

天気もよいので
山のすがたや空の色が
水面に反射してとっても綺麗だね

TamCoc_1308-108.jpg

すこし行くと見えてきたよ
中国の桂林を思わせるもっこりとした山々

桂林は漓江というけっこう大きな河を
大きな観光船で下る
それに比べてTam Cocは小さなボートなので
もっこりした山々がほんとに間近に迫って来る

TamCoc_1308-109.jpg

遠くから見るとここで行き止まりの
ように見える岩が迫ってきた
近づいてみると、この大きな岩の下が
洞窟になってる

うへ〜
こんな巨大な岩の下をくぐって行くのか?
落ちてきたらひとたまりもないなぁと
思っているうちに中に入る

TamCoc_1308-110.jpg

中はほんとに真っ暗だ
同乗している女の子が懐中電灯で
天井とかを照らしてくれる
それが唯一の明かり

この中にはいっても川の水は
あいかわらず、鏡のようにしずか
川の水の流れの音がしないので
聞こえてくるのはボートの櫂がたてる
ちゃぷちゃぷという音だけ

ほんとに神秘的だ

TamCoc_1308-111.jpg

洞窟の中は真っ暗闇で
いったいどっちにむかって進んでるのか
ぜんぜんわからないのだが
しばらくすると、向こうの方に
ぼ〜っと明かりが見えてきた

どうやらあそこが出口のようだ
この明かりがまたとても神秘的でとても素敵

TamCoc_1308-112.jpg

洞窟からでるとそこはまた
のどかな桃源郷のような光景がひろがる

ひとりのおじいさんが
竹槍のようなものでなにか捕ってる
ほんとにのどかだね

TamCoc_1308-113.jpg

出発してから30分ほどは
一艘も多の舟に出会わなかった
まったく自分たちだけの世界だったけど
ようやく向こうからボートがやってきた

どうやら韓国からの人たちのようだ
ぼくがカメラを向けるとむこうもiPadで
こっちを撮ってるよ

TamCoc_1308-114.jpg

これ、すごいねぇ〜
雨季で川の水が増えるとあの高さまで
水没して、それで岩が削られてるんだろうな

そのうち、折れちゃうよ、何万年かしたらね

TamCoc_1308-115.jpg

なんども洞窟を通るけど
ここは比較的天井が高かった
そして出口のところも余裕がある

むこうからまた別のボートがやってくる
それにしても緑がきれいだね

TamCoc_1308-116.jpg

ボートでの遊覧の終着点
小さな島があって、そのほとりで休憩する

それにしても静かだ

出発してからここに着くまで
いちどもエンジンの音が聴こえてこない
桂林の漓江は大型の船で行くので
ずっとエンジン音が聞こえてるけど
ここはほんとに静かでのどかだ

TamCoc_1308-117.jpg

舟を漕いでくれるお母さんと娘さん
言葉は片言しか通じないけど
とてもにこやかに相手をしてくれる

休憩場所でお二人の
記念写真を撮らせてもらったよ

TamCoc_1308-118.jpg

休憩場所からは
いまきた道(いや川)を戻る
そのとき、むこうから大量の舟が・・

どうやら、団体さんのようだ
団体で来るのも楽しいだろうけど
ぼくはやっぱりひとりで
しずかにのんびりのほうが好きだな

TamCoc_1308-119.jpg

往きのときは気がつかなかったけど
ところどころ川のそばを道路がはしってる

でも、クルマはめったにとおらない

TamCoc_1308-120.jpg

だんだんと船着き場に近づいてきた
川面があまりにも静かなので
川がどっち向けに流れているのか
よくわからないが、帰りのほうがかなり
時間が短かったので、往きが上流向けに
進んでいたのかな

TamCoc_1308-121.jpg

いやぁ、ほんとに楽しかったよ

お母さん、
長時間、舟を漕いでくれてありがとう
娘さんも楽しい時間をありがとう

ゆっくり休んでくださいね

TamCoc_1308-122.jpg

Tam Cocを訪問したのは8月
観光的にはシーズンオフだったので、
とっても静かでのどかな風景を楽しめた

観光シーズンだったら、舟だらけで
また雰囲気がちがったかもしれないね。

ほんとに素敵なひとときだった


■訪問日:2013年8月
■KeyWord:タムコック ニンビン Tam Coc Ninh Binh




___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)


■ Núi Hàm Rộng (Dragon Mountain) / Sapa
2013/08/15 11:00 |
Sapa_Hamrong_mountain_1308-101.jpg

サパの二日目。
この日は夕方のマイクロバスで
ラオカイに向かうことになってるが
それまで特に予定がない

それで宿の人にプランを聞いたところ
ここなら数時間で行ってこれるよと
教えてくれた

 ・Ham Rong Mountain

日本語にすると『龍山(ドラゴンマウンテン)』だ

Sapa_Hamrong_mountain_1308-102.jpg

サパ教会の横の道を入って行くと
登山道の入り口がある。
なんかお寺の参道のようで
土産物屋さんもたくさん並んでいる

Sapa_Hamrong_mountain_1308-103.jpg

 ・入山料 70kドン

およそ350円。けっこういいお値段
たぶん外国人料金

Sapa_Hamrong_mountain_1308-104.jpg

入山料を支払うとチケットといっしょに
パンフレットをくれた
ドラゴンマウンテンというから
ふつうのハイキング道なのかと思っていたが
『Ham Rong Resort』と書いてある。

リゾートなのか?

Sapa_Hamrong_mountain_1308-105.jpg

10分ほど参道をあるくと
ちょっとした広場に出る

ビックリしたことにそこには
ミッキーマウスみたいなのや
トムとジェリーみたいなのが
何匹かいた

なるほど、リゾートだね

そしてそのミッキーもどきの前で
写真をとっているカップルとかが
けっこういててそれなりに楽しそうだ

Sapa_Hamrong_mountain_1308-106.jpg

花壇には赤い花で綺麗に

 Sa Pa

と描かれている
手入れはとてもよく行き届いている

カップル以外にも高校生風の
団体客がかわりばんこに写真撮ってて
とっても楽しそうだ!
見ているぼくも楽しくなってくる

Sapa_Hamrong_mountain_1308-107.jpg

その広場を過ぎて昇って行くと
こんな溶岩のような岩に挟まれた
道につながっている。

Sapa_Hamrong_mountain_1308-108.jpg

こんな岩と岩のあいだの道を通ったり
このあと、もっと狭い(幅50センチくらい)の
岩のあいだを通り抜けたりする

どう見ても溶岩に見えるのだが
このあたりは火山だったのだろうか?

Sapa_Hamrong_mountain_1308-109.jpg

さらに行くとこんな行き先表示が

 左:雲海
 右:天国への入り口

天国の入り口へ向かう

Sapa_Hamrong_mountain_1308-110.jpg

うわぁ、素晴らしい眺めだ!
まさに天国への入り口
サパ湖の周りにひろがる欧風建築は
ほんとに素敵だ

しばし暑さを忘れて
美しい景色にうっとりとする
極楽ごくらく!

Sapa_Hamrong_mountain_1308-111.jpg

さらに目を右方向に向けると
また違った風景だ

サパ湖の東側にあるのは
サッカーグランドかな?

Sapa_Hamrong_mountain_1308-112.jpg

 Heaven Gateでうっとりと景色を
眺めていたら、あとからたくさんの
大学生風の男女がやってきた。

こちらからシンチャオって声かけると
みんなニコニコと挨拶してくれる
記念にみなさんの写真撮ってもいいかい?
と聞いたら、わっと集まってきて
楽しそうにポーズを取ってくれたよ。

ベトナムの人たちは
ほんとに人懐っこくて素敵だね♩

片道わずか1時間くらいだったけど
Ham Rong Resort、とっても楽しかったよ

サパは棚田が有名だけど
ドラゴンマウンテンから見るサパの街の眺めも
ほんと美しいので、時間があればぜひ!

■訪問日:2013年8月
■Key Word:ドラゴン マウンテン サパ ラオカイ ベトナム Dragon Mountain Sa Pa Sapa Lao Cai Vietnam



___________________________
ベトナム トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP | NEXT
ブログパーツ