English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ Albertheijn スーパーマーケット アムステルダム
2008/08/27 00:00 |
Albertheijin_0808-13.jpg

海外渡航時恒例のスーパーマーケット巡り
アムステルダムでは有名チェーンスーパーの

■Albertheijn アルバートハイン

に行ってきた。
オランダ各地にある有名スーパーらしい

Albertheijin_0808-14.jpg

一瞬、ブリジストンのお店に来たのかと錯覚するが
もちろん、これはタイヤではない
オランダ名物の

・ゴーダチーズ

この棚にならんでいるゴーダチーズは
直径30~40センチなのでさほど大きいものではない
大きいのは直径1メートルくらいある

Albertheijin_0808-15.jpg

オランダ人はとてもチーズが好き
このチーズコーナーではゴーダチーズ以外に

・エダムチーズ これもオランダ名物
・ブルーチーズ
・カマンベールチーズ

など、他の国々のチーズもたくさん売っている

Albertheijin_0808-16.jpg

ゴーダチーズはあの大きいのを丸ごと買うのではなく
希望のものを指定して、小さく切ってもらって買う。
われわれ日本人からみると、全部おなじに見える
タイヤ型のゴーダチーズ
産地とかその他いろんな要因で味がちがうらしい

Albertheijin_0808-17.jpg

この綺麗にパッケージされたチーズは
空港のお土産屋さんでもよく見かける

・ベビーゴーダチーズ
・ベビーエダムチーズ

エダムチーズなど、ベビーといっても
直径15センチくらいの球形。 1キロくらいはある。

Albertheijin_0808-18.jpg

肉類は日本と同じようにパックになって売っていた
しかし、そのパックのサイズがでかい
深さ5センチはあるよ

Albertheijin_0808-19.jpg

これは缶詰コーナーにあった
ムール貝のワイン煮の缶詰

ムール貝のワインにはベルギーの名物だけど
そのムール貝はほとんどオランダから輸出されてるらしい

Albertheijin_0808-21.jpg

お菓子コーナーはちょっとしかなかった
ほかにもっと多量に並んでる棚があるのかもしれないけど
会社へのお土産もここで買ったよ。
めっちゃ、安上がり♪

Albertheijin_0808-20.jpg

ハムコーナーを見てると、美味しそうなものがあったので
つい、おやつ用にかってしまったよ。

・ローストハム

予想した食感とはちょっとちがって
すこしパサパサしていたけど、美味しかった
これとハイネケンがあれば申し分なかったんだけどな!


──────────
【訪問日】 2008年8月 
【店 名】 Albertheijn アルベルトハイン 
【ジャンル】 スーパーマーケット
【住 所】 Nieuwezijds voorburgwal 226 Amsterdam
【最寄駅】 トラム Dam(ダム)駅
【電 話】 0031. 020-421-8344
【営業時間】 8:00-22:00
【定休日】 イースター
【キーワード】 アムステルダム スーパー チーズ 
──────────


大きな地図で見る
 
___________________________
オランダ トラックバック(0) | コメント(2)


■ De Blauwe Hollander オランダ料理店 アムステルダム
2008/08/26 00:00 |
Blauwe Hollander_0808-26

アムステルダム、超短期滞在のため、
自由にごはんが食べられるのはディナー1回とランチ1回のみ
きょうは最終日なので、まずランチをどこで食べるかを決めて、
そのあと、他の予定をたてる。

きょうのランチ処はここ

■De Blauwe Hollander ブラワ・ホランダー

場所はライチェ広場から路地を少し入ったところ
出窓スペースが歩道に大きくはみ出してるのですぐにわかる

店内に入ったところ、通された席は
まさにこの出窓のまんなかだったよ

Blauwe Hollander_0808-28

ランチタイムはあまりお客さんがいないようだね
店内はこんな感じ。
そんなに歴史を感じさせるお店ではない。

きょうはランチなのでスープとオランダ料理を一品たのもう

Blauwe Hollander_0808-29

まずはスープ
ほんとは、オランダ名物の

・Erwtensoep エルテンスープ

を食べたかったんだけど、これは冬だけだそうだ
エルテンスープとはグリンピースをベースに
ポテト・玉ねぎ・ソーセージなどを長時間煮込んで
豆の形がなくなったらできあがり
そういうものらしいので、とても興味津々なんだけど、残念!

変わりにシンプルはトマトスープをお願いしたよ
とてもコクのあるトマトスープがでてきた。
ほんとに旨い!

Blauwe Hollander_0808-30

案内された席が、歩道に突き出した出窓の部分だったので
ちょっと窓から顔を出すとまわりを見渡せる。
このあたりはレストラン街らしくて
まわりに見えるのは料理店ばかり。

すぐ向かいにもオランダ料理店があったよ。

Blauwe Hollander_0808-27

さて、メインディッシュをなににするか
メニューをみてるとこういうのを見つけた

・Hotchpotch (Stamppot)
 This is a typical Dutch dish !

典型的なオランダ料理!
こりゃ、頼まなくちゃいけない♪

Hotchpotch (Stamppot)には4種類ある。いずれも12ユーロ前後

・アンディーブ入りマッシュドポテト 肉だんごつき
・人参と玉ねぎ入りマッシュドポテト ビーフシチューとともに
・ケール入りマッシュドポテト ソーセージつき
 (10月~2月のみ)
・ザワークラフト入りマッシュドポテト ソーセージつき

大きな肉だんごがオランダの名物だと聞いたことがあるので
『アンディーブ入り 肉だんごつき』にすることにした。

お料理ができるまでのあいだ、通りを行き交う人たちをみていると、
いろんな国の観光客がいるのでぜんぜん退屈しなかった。
やっぱり、こちらも夏休みで家族連れで観光しているようだね

Blauwe Hollander_0808-31

↑しばらくたってでてきたのがコレ
おもしろい盛りつけだね~
大きなかぶらを模してあるような感じだね
予想していたものとはちがって、とても美味しそうに見える。

Blauwe Hollander_0808-32

真上から見るとこんな感じ
かぶらにも見えるし、ビックリマークのようにも見える!

Blauwe Hollander_0808-33

側面からみるとこんな感じ
前方後円墳にもみえるし、バトミントンの羽根のようにも見える。

Blauwe Hollander_0808-34

直径6センチくらいの肉だんごをカットしてみた
中までぜんぶ肉だんご
種も仕掛けもない

Blauwe Hollander_0808-35

マッシュドポテトを掘り起こしてみた
とても柔らかいポテトにアンディーブの葉っぱが
刻んで入っている。

Blauwe Hollander_0808-36

じゃあ、マッシュドポテトと肉団子をいっしょに
いただきまーす!

メニューの名前にもあるように
このお料理は肉だんごがメインではなくて
マッシュドポテトが主役

まず、いろんな混ぜものをしたマッシュドポテトを
お皿にたっぷり盛りつけ、付け合わせとして、
肉だんごやソーセージを乗せる

いまでもオランダの家庭ではとても一般的なお料理らしい。
もっとも、最近は、いろんな混ぜものが入った
マッシュドポテトがスーパーでパック入りで売られていて
5分ほどチンするとできあがりらしい。

このStamppot、素朴な雰囲気ながら、
けっこういい味付けがされていたので、とても美味しくいただけました。
分量も、きょうはちょうどいい感じだったかな。

Blauwe Hollander_0808-37

とても典型的なオランダ料理を食べることができてとても満足
この日のメニューもあとで見直すと、
あれも食べればよかった、これも頼みたかったってのがでてくる。

・心温まる豆スープ ライ麦とスモークベーコンつき
  これは冬場のみかもしれないが…
・スモークサーモン乗せトースト
・揚げミニ肉だんご 肉のラグーつき

最後にカプチーノをいただき
ゆったりしたランチタイムを過ごしてきました♪


──────────
【訪問日】 2008年8月 
【店 名】 De Blauwe Hollander ブラワ・ホランダー 
【ジャンル】 オランダ料理
【住 所】 Leidsekruisstraat 28 Amsterdam
【最寄駅】 トラム1、2、5 Leidseplein(ライチェ広場)駅
【電 話】 0031. 020-627-0521
【営業時間】 12:00-23:00
【定休日】 なし
【キーワード】 オランダ料理 ライチェ広場 Hotchpotch
──────────


大きな地図で見る
___________________________
オランダ トラックバック(0) | コメント(0)


■ アムステルダムの街 散策
2008/08/25 00:00 |
Amsterdam_080821-49.jpg

アムステルダムの玄関口はオランダ鉄道の

 ・アムステルダム中央駅

1889年に完成したこの駅は日本の東京駅のモデルに
なったと言われている。(異論もあるらしいけど…)
煉瓦造りの巨大な駅舎は東京駅を一まわりも
二まわりも大きくしたような雰囲気だね

手前にはこれまたアムステルダム名物の自転車
ものすごい量の自転車が駐車してあるが、別に取り締まりはない。

この中央駅の駅前からほとんどのトラムやバスが発着する。

Amsterdam_080821-50.jpg

アムステルダムの市内での移動はトラムがとても便利
路線図も分かり易いので、旅行者でも安心して乗れる
料金は1ゾーン(1時間以内乗り放題)が1.6ユーロくらい
だけれど、この日は一日中何度も乗るだろうと思って

 ・1日券 7ユーロ

を買った

Amsterdam_080821-51.jpg

これがあると、トラム、バス(たぶん地下鉄も)乗り放題
一日券あると、ほんと便利だよ。
この日は何回乗り降りしたことか!

Amsterdam_080821-52.jpg

トラムの車内はこんな感じ
天井に電光掲示板があって、次の駅が表示されるので
発音の難しいオランダ語の駅名アナウンスを
耳を凝らして聞く必要もない。
(旧型車には表示がない)

Amsterdam_080821-53.jpg

運河の街アムステルダムだけあって
いたるところに運河がある。
そして、その運河がとってもきれいに整備されている
ゴミが流れていたり、生活排水の泡が流れていたり
なんてことはまったくない。 臭いもない。
そして、運河のほとりは例外なく、大きな木がいっぱい茂ってる

Amsterdam_080821-54.jpg

いたるところに運河があるので、あとから写真をみても、
いったいどのあたりの運河なのか思い出せない。
困ったことだ…
でも、街中きれいな河があるというのはとても気持ちがいいね。
大阪も水の都だったのだから、アムステルダムのように
もっと整備して、街の人たちの憩いの場とすればいいのに。

Amsterdam_080821-61.jpg

これは王宮。
手前がダム広場。

1655年に市庁舎として立てられた建物だが
フランス侵略時代の1808年にナポレオンの弟が
王宮として横取りしてしまった。
その後、市に返還されたが、オランダの新王家に献上され
現在にいたってる。
そういえば、オランダは王国だったんだよね。

Amsterdam_080821-62.jpg

アムステルダムのあちこちにある広場
それぞれ市民の憩いの場になっていたり
ショッピング街の起点となっていたり様々
運河のほとりもそうだけれど、
広場にも多くの緑が植えられてあって、
可愛いらしい街をより魅力的にしている。

Amsterdam_080821-63.jpg

この緑の多さは、日本、特に大阪では見習って欲しいね

そして、アムステルダムの名物のひとつは自転車の多さ
いたるところで自転車で走っているひとを見かける
自転車道も完備していて、とても走りやすそう。
逆に、自転車道を歩いていると、叱られる!
国中ひらべったいオランダでは、ほんとに重宝する自転車

Amsterdam_080821-68.jpg

これは観光バスならぬ観光馬車
中世の御者さん風のかっこいいおじさんが
馬車を走らせてくれる。

Amsterdam_080821-56.jpg

この川は他の運河に比べて何倍もひろい、アムステル川
そして、真ん中に見えるのが

・マハレのハネ橋

ゴッホが描いた『アルルのハネ橋』に似てるらしい。
ここに到着してすぐ、絶妙のタイミングで橋が上がりだした
上の写真はすこし上がったところ

Amsterdam_080821-57.jpg

3分の2くらい上がったところで、船が通過していった。
そのあと、垂直になるまで上がって、いったん止まった後
橋はふたたび元のように下りていった。

ここにベンチがあったのでしばらく休憩していたけれど
それからぜんぜん橋はあがらなかったので、
到着してすぐに見れたのは、かなり運が良かったみたいだね。

Amsterdam_080821-60.jpg

こちらはまた運河
河岸にあるのは、船と言うよりは水上生活者の
家のように見えるね。
ここで生活している人たちもいるんだろう。

Amsterdam_080821-64.jpg

ここはミュージアム広場
他の広場とちがって、芝生が敷き詰められた
ほんとに広大な広場

左向こうに見える近代的な箱形の建物が

・国立ゴッホ美術館

以前いちど見に行ったことがあるよ。
今回は夏休みで混雑してそうだったのでパス
右奥に見える立派な建物は

・国立ミュージアム

Amsterdam_080821-65.jpg


ミュージアム広場をはさんで国立ミュージアムと
反対側にある、これまた立派な建物は

・コンセルトヘボウ

コンセルトヘボウとはコンサートホールのこと
クラシックの好きな人なら誰でも知ってると思うけど
王立アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の本拠地
この楽団は、ベルリンフィル、ウィーンフィルとならぶ
ヨーロッパ屈指の管弦楽団。

ここのコンサートを一度聞きに行きたかったんだけど
今回は残念ながら時間がなかったのでパス

Amsterdam_080821-66.jpg

芝生のうえに座ってしばし休憩していたら、
ハゲ頭の怪しいおっさんが近寄ってきてすぐそばに座った。
まさいに握手を要求し、そして英語でなにか話しかけてくる。

おっさん どこから来たのか?
まさい 日本からだ
お 旅行か?
ま 仕事だ

ここで、いきなり話題が変わり

お ところでアムステルダム中央駅までのタクシー代
  15ユーロくれないか?
ま いやだ
お じゃあ、5ユーロでいい
ま いやだ
お そうか。 じゃあ、バイバイ

といって、悠々と去っていった

まあ、お金をせびりにくるケチな野郎はどこの国にもいるが、
今回はなかなか堂々とした金せびりであった。


■2008年8月
■キーワード: アムステルダム Amsterdam


大きな地図で見る
 
___________________________
オランダ トラックバック(0) | コメント(0)


■ Haesje Claes オランダ料理店 アムステルダム
2008/08/24 00:00 |
HAESJE CLAES_0808-33

いままでアムステルダムにはなんどか来たことがあるけれど
一度もオランダ料理というものを食べたことがないと思ってた。
ところが、13年前に来たときのメモがパソコンのなかから出てきて
それによると

■D'vijff Vlleghen(フェイフ・フリーヘン:5匹のハエ)

というオランダ料理店でオランダ料理を食べた。
と書いてあった。
記憶ってあてにならないもんだね。
この店は、いまのガイドブックにも載ってる、けっこう有名店
このときなにを食べたのか全く記憶にないし
そもそもここに行ったことすら覚えてないよ…

Amsterdam_080819-10_20080823232012.jpg

ホテルに着いたのは夜の8時
自由に夕食をとれるのはきっと今夜だけなので
長旅にすこし疲れていたけれど、狙いを付けていた
オランダ料理店にいくことにした。

ホテルの窓から外を見ると『ムント広場』が見える
これからいくお店はムント広場近辺とガイドにあるので
歩いていこう!

Amsterdam_080821-47.jpg

この塔は『ムントタワー』という
ムントというのはオランダ語で『貨幣』のことだそうだ
1672年にフランスがアムステルダムを侵略したときに
この塔の中でお金を作ったので、こう呼ばれてるらしい。

Amsterdam_080819-12.jpg

ホテルから10分ほどあるくとこの通りにでる
この先に目的のオランダ料理店があるはずだ

HAESJE CLAES_0808-32

目的のオランダ料理店はここ

■Haesje Claes ハーシェ・クラース

お店を覗き込むと5人ほど並んで待ってるけど
いまから次を探すのはおっくうなので
ガマンしてならんだ。
待ち時間およそ15分くらいだったかな

Haesje Claesは、1520年頃の豪商の娘の名前らしい。
建物はとても古い雰囲気だけど、お店はそんなに古くなくて、
1974年創業。 いまはかなりの規模のレストランになってる。

HAESJE CLAES_0808-39

さて、さっそくビール
メニューにあったダークビールを頼んだら
ハイネケンのダークビールがでてきた。
ハイネケンといえば緑というイメージなので
ちょっとビックリ。
すこし甘めの、とってもコクのあるビールだよ

HAESJE CLAES_0808-35

オランダのレストランはどこもすごいボリュームなので
頼みすぎないように慎重にメニューを見る。

前菜はこれにしよう

・Pickled Herring Cocktail Sauce 7ユーロ

HAESJE CLAES_0808-37

酢漬けにしたニシンのうえにカクテルソースが乗っている
そして、ニシンのなかにはピクルスが入っている

ヘルシンキに行ったときにも感じたけど
ヨーロッパの人はニシンをいろんな料理にして食べるんだね。

ニシンのなかに入ってるピクルス
このピクルス、けっこうニシンと合っていて美味しい。

HAESJE CLAES_0808-40

いま、落ち着いてメニューを見直すと
ほかにもこんな魅力的な前菜があった。

・Ijsselmeer産の燻製うなぎ 10.95
・牛肉のカルパッチョ 古いアムステルダムチーズ添え 10.75
・オランダ海老のコロッケ(2こ) 8.25

お店ではなかなかメニューを全部読み切れないんだよね…
オランダのコロッケは日本のコロッケの原型らしい

HAESJE CLAES_0808-34

店内はとってもアンティークな感じ。
もちろん、アンティーク風ではなくて、ほんとのアンティーク。
きっと数百年前の建物だね。

HAESJE CLAES_0808-38

つぎにスープを頼んだよ
ヨーロッパはどこの国もけっこうスープが美味しい。
ぼくはスープが大好きなので、できるだけその国特有のを選ぶ
きょうはこれ

・Creamed Mustard-Leeks Soup with Eel 4.75ユーロ

Mustard-Leeksってなんだろ? からしネギ?
それにうなぎが入ってるクリームスープ

出てくるまでに、いろいろ想像してたけど
けっこう普通のクリームスープ
ネギの風味がとってもいい感じの隠し味になっていて旨い
うなぎはちょっとだけ入ってたよ。
ヨーロッパではうなぎをよくスープの具につかうんだよ。
ドイツには『うなぎスープ』っていうまんまのがある。
これも旨い!

HAESJE CLAES_0808-36

次の料理がでてくるまで、一人で退屈なので
周りを見回してみるといろいろ魅力的なものがおいてある。
この青い絵が入ってる陶器はオランダ名産の『デルフト』かな?

さて、最後にメインディッシュで注文したのはコレ

・Oven Stockpot of Fish 15.50ユーロ

英語のメニュー名ではなんのことかわからなかったけど
いっしょに書いてあったフランス語では

・Pot au feu de poissons(魚のポトフ)

と書いてあったので、魚の煮込みならあっさり目
だろうとおもってこれを頼んだ。

で、でてきたのはこちら

HAESJE CLAES_0808-41

う~む!

思わずうなり声をあげる。
たしかに魚の煮込みには違いないが…

入っている魚介は3種類

・サーモン
・たら系の白身魚
・海老

これをスープでしっかり煮込んだあと
たっぷりのチーズ(たぶんゴーダチーズ)を溶かしてある

HAESJE CLAES_0808-42

まずはぼくの好物の海老からいただきまーす!

うん、味付けは濃いめだけど、とっても美味しいです。
次にサーモンを食べる。 これも、イケル!
そして、白身魚も美味しい。
うえに溶かしてあるチーズもけっこうスープに合ってるよ

しかし・・・

多すぎ!

これは2人でシェアしてちょうどいい量だね。
オランダ人はこれを一人でたいらげるんだけどね。

がんばって食べたけど、けっきょく半分くらい残しちゃいました。
ごめんなさい!

もともとオランダには外食の習慣がなかったので
オランダ料理店ででてくるお料理はオランダ家庭料理が基本になってる
だから、フレンチのように繊細な技巧をこらしたお料理はない。

それでも、とっても楽しみにしていた本場のオランダ料理
美味しくいただくことができました。
それに笑顔で愛想のよい女性がぼくのテーブル担当だったので
とっても素敵なひとときを過ごすことができましたよ♪

ごちそうさま!

──────────
【訪問日】 2008年8月 
【店 名】 Haesje Claes ハーシェ・クラース 
【ジャンル】 オランダ料理
【住 所】 Spuistraat 275 1012 VR Amsterdam
【最寄駅】 トラム1,2,5 Spui (スパウ)駅
【電 話】 0031.20-6249998
【営業時間】 12:00-22:00
【定休日】 なし
【キーワード】 オランダ料理 ダム広場 ムント広場 ハーシェ クラース
──────────


大きな地図で見る
___________________________
オランダ トラックバック(0) | コメント(0)


■ Nederlandse Spoorwegen オランダ鉄道
2008/08/23 20:15 |
Amsterdam_080819-9.jpg

13年ぶりにオランダ・アムステルダムに行って来たよ
オランダの玄関口は

・スキポール空港

ヨーロッパでは

・ロンドン・ヒースロー空港
・ドイツ・フランクフルト空港

とならんで、重要なハブ空港のひとつ
空港内の免税店が充実していて
自動車も売ってるらしい…

Nederlandse Spoorwegen_0808-8

スキポール空港からアムステルダム市内までの交通機関

・タクシー 40ユーロ(およそ6500円)
・Nederlandse Spoorwegen(オランダ国鉄)
  3.8ユーロ(およそ600円)

欧州はおおむね列車が快適だし、時間も早くいけるので
国鉄でいくことにした

Nederlandse Spoorwegen_0808-6

チケットは上の自販機で買う。
自販機はなぜか紙幣が使えない。
コインかクレジットカード

Nederlandse Spoorwegen_0808-12

こちらに到着してすぐはコインを持ってないので
クレジットカードで購入する。
たった3.8ユーロでもクレジットカードで買えるのは
けっこう便利なんだよね。
ちゃんと領収書もでてくるし。

Nederlandse Spoorwegen_0808-7

国鉄のスキポール空港駅は地下にあって
↑これで降りる。
エスカレータかと思ったら、傾斜のついた動く歩道
これ、じっとしてるのけっこう難しいよ
荷物も手を離したら、転がっていくし…

Nederlandse Spoorwegen_0808-9

オランダ人はなぜか黄色と青のコンビネーションが好きだ
国鉄もすべてこの色をしているし、
町中でもけっこう黄色と青の塗装を見かける。
黄色と黒のコンビネーションだったらもっといいのにな!

Nederlandse Spoorwegen_0808-10

これはNSの車内
2階建て車両の上の階なのでけっこう天井が低い
巨大なオランダ人、頭うたないのかな??
でも、列車の幅は日本の新幹線サイズなので
座席はとってもゆったりしている

Amsterdam_080819-10.jpg

スキポール空港からアムステルダム中央駅までのあいだ
およそ15分ほどの列車の旅
こんな短い時間だけど、列車の窓からみる景色は
まるで『世界の車窓から』の世界そのもの。
たのしいよね♪

Amsterdam_080819-11.jpg

アムステルダム中央駅に着いて、外に出る
ふと、後ろを振り返ると…

 あれ、東京駅やん!

東京駅丸の内中央口を出たところの風景に似てる。

それもそのはず。
東京駅はアムステルダム中央駅をモデルにして作られたそうだ。

きょう泊まるホテルは中央駅からタクシーで10分ほどの
ムント広場の近くにある。

とってもアムステルダムらしい風景の街だ
冒頭の写真はホテルの窓からの光景

なんか、おもちゃの街みたいで可愛いらしい♪

■訪問日:2008年8月
■キーワード
オランダ ネーデルランド アムステルダム スキポール 国鉄 鉄道
Netherlands Holland Amsterdam Schiphol KLM

オランダ・スキポール空港

大きな地図で見る
 
___________________________
オランダ トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ