English | Top | RSS | Admin

2006.02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.04


■老北京炸醤面大王 北京
2006/03/19 22:19 |
CIMG3480.jpg

北京にきてなんどか麺類にトライしたんだけど
なかなか美味しいのがないんだ… 麺類はやっぱり日本のほうが
旨いのかなぁ~って思いかけてたんだけど、
もう一回挑戦してみよう!
なににしようかと迷ったけど、北京が発祥といわれる

 ■炸醤面(zhajiangmian) ザーチィャンミィァン

に決めたよ!
こちらでは麺と書かずに面とかくんだよね
なんか、おめん みたいで可笑しい(笑)
炸醤面といえばこのお店の名前があがるらしい

 ■老北京炸醤面大王(laobeijingzhajiangmiandawang)

老舗っぽい名前だね!
東京に『つけ麺大王』ってお店あるけど、
あそこも中国のこういうお店の名前からとったのかなぁ(笑)

20060503203941.jpg

お店の中の雰囲気は清朝末期の面影が漂うらしい
たしかに洗練された雰囲気はぜんぜんなくって、
ご飯をたべてるお客さんのよこで、床におちたゴミを
箒で掃除してたりして、日本ではちょっと考えられない感じだね
でも、とても楽しかった

CIMG3485.jpg

オーダー取りにきてくれたのは、中学生のような少年
若いのにけっこう丁寧な対応だったよ
写真のないメニューを苦労して探したら、

 ■肉丁炸醤面 8元 と
 ■鶏蛋炸醤面 8元 があった♪

えー、たった8元(120円)だよ♪
きょうは基本の『肉丁炸醤面』にしました。

炸醤面というのは、青豆、黄豆、大根、胡瓜、もやしなど
8種類の具と、『黄醤』をベースに作った濃厚な味噌ダレを
麺にかけて、ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるんだ。
 
8種類の具を麺にのせるので、テーブルの上に
麺を中心に8個の小皿が並ぶんだな、壮観だろうな! 楽しみ~っ!

CIMG3486.jpg

って思ってたら、あのウェイターの少年、
持ってきたトレイの上で、目にも止まらぬ速さで
さっさっさっ~ って麺の上に具を乗せちゃった~
おいおい、記念写真撮れないやんっ!

トレイの上の具のちらかり具合が可笑しい(笑)

CIMG3490.jpg

さて、一瞬にして盛りつけられた麺と具の上に
味噌ダレを乗せます。 これは自分でやるのでゆっくり♪
そして、これをお箸でぐちゃぐちゃにかき混ぜます。
 
う~ん、なんか作るのに失敗した焼きうどんみたい ^_^;
と思いながら、ひとくちいただきます。

CIMG3492.jpg

ふむふむ、けっこう旨いやん!

お昼ご飯にはちょうどいいくらいの分量
もうちょっと具がたくさんあったらいいなって思うけど
でも、とても美味しかったです~♪

まわりを見ていると、豚のスペアリブ『手抓大排』を
たべてる3人の親子とかもいて、うらやまし~なんておもいながら
楽しいひとときを過ごしました。

場所は天壇公園の北側。 天壇公園にいく機会があったら
ぜひ寄ってみてね~ 美味しい・楽しいひとときを過ごせるよ♪


──────────
【訪問日】 2006年3月 
【店 名】 老北京炸醤面大王
【ジャンル】炸醤面ほか北京家常食
【住 所】 北京市崇文門外大街29号
【電 話】 010-6705-6705
【営業時間】11:00-14:30 17:00-20:30
【定休日】 無休
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■渝郷人家 四川家庭料理 北京
2006/03/18 22:30 |
CIMG3128.jpg

今年に入って2回目の北京
今回は8日間も滞在するので、いっぱい美味しいものたべるぞー

さて、初日の夜は北京の中国人友人に『中国の家庭料理』の
美味しいところに連れていってってお願いしてたんだ♪
どんなところに連れていってもらえるかすごく楽しみ♪
お店は王府井(wangfujing)のホテルからあるいて10分ほど

 ■渝郷人家(Yuxiang Renjia) 四川家庭料理

まず最初にお飲物。 『紹興酒 10年物』お願いしました!

CIMG3129.jpg

500mlで150元(2300円)なんだけど、
陶器の入れ物にはいってでてきて、お味はもう、絶品!
最初から感激しちゃいました。
 
お料理は5品ほどおねがいしたんだけど、どれも美味。
まず最初は『トウモロコシの粒に衣をつけてあげたもの』です。

CIMG3132.jpg

前菜として最適だけど、お箸で食べるの大変だった(笑)

お次は『タケノコとシーフードの炒め物』
タケノコを英語でいうとBanboo shoot

CIMG3138.jpg

最初これがわからなくて、堅い竹の料理がでてくるのかと思った(笑)
まあ、パンダじゃあるまいし…

さて、友人が最初にこれがお薦めだって教えてくれた逸品
テーブルに供されたのを見てびっくり仰天!
大きな器の表面にぎっしりと浮かんだ唐辛子!

CIMG3133.jpg

うわぁ~ って感じ! お料理の名前は

 ■鯰のトウガラシ水煮

メニューでは『水煮魚』って書いてあるので
単に煮魚だと勘違いしそうなんだけど…
でも、この表面の唐辛子は食べません ^_^;
 
テーブルにもってきたら、お店のかたが、丁寧に
すべての唐辛子をすくい取ってくれます。
で、下から出てきたのがこちら

CIMG3136.jpg

おお、これなら食べられそう♪

鯰なのでふつうに料理すると、すこし土臭かったり
脂ぎとぎとだったりするんだけど、
これだけ唐辛子で煮込んであると、臭みなんてまったくない
すっごく美味しかったです~

その友人は、鯰は日本人には無理じゃないかって
かなり心配してくれたんだけど、すごく美味しかったですよ♪

さて、さいごのデザートは

 ■胡麻だんご

でも、これがふつうの胡麻だんごじゃない。 『でかい!』
直径5センチくらいもあるよ~
それに、煙突がついてる(笑)

CIMG3139.jpg

まずはこの『煙突』から中の汁を吸うんだ!
とっても微妙な甘さの汁がでてきて、ちょっと感動しちゃった
で、おもむろにかぶりつきます。 旨い!

さすがにこれだけのお料理、二人では全部たべきれなくて、
のこったものはお持ち帰りしました~

このお店、旅行者用のガイドブックには載ってない
普通のレストランなんだけど、とっても美味しかったです
お値段も安かったし。

もし、北京に行く機会があったら、ネットで調べて
ぜひいってみてくださいね~
友人とのお話も楽しくって、身も心も温まるひとときでした♪

──────────
【訪問日】 2006年3月 
【店 名】 渝郷人家 新東安店
【ジャンル】四川家庭料
【住 所】 北京市東城区王府井大街138号 新東安市場6階
【電 話】  010-65280668
【営業時間】不明
【定休日】 不明
【キーワード】 四川料理
──────────



関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ