English | Top | RSS | Admin

2006.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2006.09


■北京東方君悦大酒店 朝食 北京 その1
2007/03/10 11:47 |
DSCF4735.jpg

今回は2泊なので朝食は2回食べれる
このホテル、超一流ホテルだけあって、
朝食が素晴らしいんだ!
だから、もっといろいろ食べたかったけど
きのうの夜、食べ過ぎたので、今朝は健康的に!

↑ 最初はサラダ
生野菜にスモークサーモンとハム、玉子を盛りつけてみたよ
名付けて

■フレッシュ野菜のたっぷりサラダ スモークサーモン・玉子・ハム添え

美味しそうに盛りつけられたかな…?
そうそう、外国のドレッシングはあまりおいしくない ^_^;
残念ながら、ここのドレッシングも美味しくないので 自分で調合してみた。

■酢+オリーブオイル+塩

えへへ、おいてあるドレッシングよりずっと美味しい♪

DSCF4739.jpg

できるだけ、炭水化物はやめようと思ったけど、
やっぱり手が出てしまった ^_^;
この餃子、なかなか美味しかったね♪

DSCF4744.jpg

おそばもあったから、つい…
でも、この写真でかそうに見えるけど
一口さいずだからねっ!

あしたは最後の朝。
豪華ブレックファースト食べるじょ(^_^)/

■2007年3月
■キーワード: 北京 王府井 北京東方君悦大酒店 グランドハイアット北京
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■パリのあまり美味しくないディナー フランス・パリ
2006/08/27 22:38 |
0608220158.jpg

フランスについた夜
パリのシャルル・ドゴール空港からRERという電車を乗り継いで約1時間。
ホテルについたのが夜の8時半ころ
いまから市内に食事にいくのもしんどいので
近くでさがしてみたらココがあったんだ。

0608220171.jpg

半分カフェテリア形式になってる。
美味しいかどうかよくわからなかったけど入ってみたよ

とても喉が乾いていたので、まずはビール

0608220173.jpg

うーん、とっても美味しい♪
これでちょっと長旅の疲れがとれたね。

メニューはいろいろあったけど
夕食にできそうなものはワンプレートものしかなさそう
それで選んだのがこれ

‐Omelette Paysanne(農民風オムレツ?)

0608220180_hosei.jpg

なんか注文してからすぐにでてきたよ!
すごいボリューム。
いろいろ具がはいっていて、見た感じは美味しそうだね

これが断面図だよ

0608220182_hosei.jpg

最初のうちは、悪くないなぁとおもって食べてたけど
なんだか、ひと味もふた味もたりない…
塩コショウふったり、ケチャップつけたりしたけど
半分もいかないうちに飽きてきちゃったよ

パリでもあんまり美味しくないものあるんだなぁ…

店内はこんな感じで雰囲気はいいんだ

0608220189.jpg

きっと食事するより、お茶のんだり
軽くビールやワインを飲んで楽しむ場所なんだろうね…

ビールとオムレツで22ユーロくらいだったんだ
けっこう高いね。

で、小銭ないので30ユーロ払ってお釣りをもらおうとしたら
ここのボーイ、外人(フランスからみた)だとおもって
釣り銭をごまかそうとしやがる!

ユーロの下のセント硬貨ばっかりじゃらじゃらだしてくるので
『たらんやないか?』という顔で、なんども数えてたら、
最後にくしゃくしゃの5ユーロ札をほり投げていっちまいやがった

けっ、ケチなやろうだぜ!

釣り銭ごまかしは、よくあることなので
海外いったときは気をつけようね♪

──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 Bistro ×× 
【ジャンル】フレンチ?
【住 所】 不明 Paris
【最寄駅】 RER-A La Defense Grande Arche駅
【電 話】 不明
【営業時間】不明
【定休日】 不明
【キーワード】 フランス パリ
──────────

関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■La Taverne du Nil レバノン料理 フランス・パリ
2006/08/26 18:05 |
0608240022.jpg

花のパリ、最後の夜 今夜はなにを食べようか…
もう一度、本場のフレンチ? それとも…
いろいろ迷った末、ここでしか食べられないものに決めた

■レバノン料理

最近、東京にはお店できたらしいけど、大阪では見たことない
そもそも、レバノン料理ってなんや?
さすが、パリだね。 レバノン料理店だけでもけっこうあるらしいよ

■La Taverne du Nil(ラ・タヴェルン・デュ・ニル)

0608240021.jpg

場所はサン・ルイ島の閑静なところにあるよ。
メトロM7のPont Marie駅から徒歩10分くらい
右側の真ん中あたりでランプが光ってるところが目的のお店

店頭にメニューが貼りだしてあるけど、なにが名物なんだろう?
眺めてると、ちょっとだけわかってきたよ。
『MEZZE(メッツェ)』という前菜系がいっぱいある。
でも、一皿の料金がけっこうするので、すごいボリュームで
でてきそうなんだ。
前菜だけでおなかイッパイになったらいやだから、MENUにすることにしたよ。
MENUは22ユーロから34ユーロまで3種類

■No2-MENU DEGUSTATION & VINS LEBANAIS 34ユーロ

おおっ! No2 MENUにはどうやらレバノン・ワインがついてそう♪
これに決めた!

0608240035.jpg

まずはアペルティフにKirがでてきました♪
それに付きだしとして、オリーブとピクルス

0608240038.jpg

この緑色のとうがらし風のやつはメチャ辛そうだったので
注意しながら端っこをかるくかじってみると、それだけで
口のなかが燃えそうになったので、やめたよ(笑)

そして、生野菜が一皿でてきたよ。
右側の赤いのはちょっと細長いはつか大根

0608240041.jpg

この生野菜けっこう美味しいので、むしゃむしゃ食べてたら
お店のおじさんやってきて、
『これはアペタイザーだよ。 お料理はこれからでてくるからね!』
ってわざわざ断りにきてくれたよ。
コースが始まってると勘違いして、ガツガツ食べてるように見えたのかな(笑)

さて、さいしょのディッシュはMezzeと呼ばれる前菜の盛り合わせ

0608240051.jpg

レバノンで会食すると、テーブルいっぱいにこのMezzeが並ぶらしい
冷たい野菜料理から、熱い肉料理のようなものまでいろいろあるんだって。

いろいろ説明してくれたけど、よくわからない…

・左上の白いペーストはひよこ豆のピュレ
・そのしたのペーストもなにかの豆のピュレ

このふたつのピュレはとても美味しいけど、
これだけを食べるとちょっとクドイ
きっと薄いパンにはさんで食べるんだろうな

0608240061.jpg

この3種類並んでる揚げ餃子のようなものは
それぞれ中に違うお肉のミンチがはいってる
たぶん、羊・牛・鶏 だとおもおうんだけどな

丸くて上に白いソースがかかっている料理の断面図がこれ

0608240064.jpg

これは熱々。 いちばん美味しかったよ♪

0608240075.jpg

これはオクラと玉ねぎと豆をトマトソースで味付けしたもの
とても美味しい♪

0608240055.jpg

これは(たぶん)TABOULEHと呼ばれるレバノン料理の代表的な
メニューの1つで、パセリのサラダ。細かく刻んだパセリや
トマト、オニオンをレモンとオリーブオイルで味付けしたもの
ひじょーにおいしかったです。 これはもっとたくさんあっても食べられたな(^_^)/

0608240058.jpg

この前菜群といっしょに楽しんだのがこれ。
そう、レバノン・ワイン。 赤とロゼがあったけど、きょうはロゼにしたよ!

0608240066.jpg

ほら、ちゃんと、『PRODUCT OF LEBANON』って書いてある。
こんなのなかなかのむ機会ないよ~!
とても爽やかな味で美味しかったです。

この盛りだくさんの前菜を最初みたとき、『わー、食べきれない…』
って思ったけど、ワインといっしょにゆっくり味わいながら楽しんでたら
けっこうおなかに入るもんだね♪
全部食べちゃいました(^_^)/

さて、おつぎはメイン料理

メニューを見ると
 ‐Agneau (skewered lamb, charcoal grilled)
   ラムの串 炭火焼き
 ‐Poulet marine (skewered marinated chicken)
   味付け鶏の串焼き
 ‐Kafta (Minced lamb with parsley and onion)
   ラムの挽肉 パセリと玉ねぎ入り

と書いてあったので、ひとつ選ぶのかと思ったら
全部ついてるって! めちゃ嬉しい♪

0608240078.jpg

これがメインディッシュです。
この写真だとよくわからないけど、薄いパンの下に
お肉3種が隠されてます。
これはどうやら肉が冷めにくくするための工夫らしい

こちらが肉3種をすこし引きずりだしたところ
左から、鶏 ラム挽肉 ラム炭火焼き

0608240085.jpg

ラムといっても最近日本で流行のニオイのないものではなく
ラム臭ぷんぷんのもの。 柔らかくってすっごく美味しいです!

そして、まんなかのラム挽肉を固めて焼いたものが
とてもジューシーで香ばしくて美味しかったね♪

鶏もパサパサしていなくて、ベリグッド!

0608240082.jpg

こちらはラムの挽肉の入った焼きめし。
これもけっこう美味しかったです♪ 適量だし!

ワインはこんなかわいいグラスでいただきます。

0608240094.jpg

向こうに見えるのは各テーブルに飾ってあるサボテン
レバノンにはサボテンが生えてるのかな~?

さて、いよいよ最後のデザート

0608240097.jpg

まあ、これは普通でした。
フレンチのスィーツに比べるとちょっとイマイチかな…

さいごの飲み物はこれ
レバノンの名物の『メンティー』と呼ばれるハーブティー

0608240103.jpg

ちょっと甘いのが意外だったけど、爽やかな香りで美味しかったです。

お店に入って、約2時間ほど
パリでの最後の夜の食事をとっても楽しめたよ!
フレンチとはまったく違う趣向のお料理
聞いたことのない材料と、見たことのない料理の盛りつけ
味も雰囲気も良かったぁ~

パリに来たらやっぱりまずはフレンチだけど
時間に余裕があったり、フレンチ食べ過ぎて飽きてきた~
っていうときには、ざひこちらお薦めです!

0608240116.jpg

最後にこちらは、夜のセーヌ川
夜でも遊覧船が走ってるよ。
ロマンチックな雰囲気だね~!


──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 La Taverne du Nil(ラ・タヴェルヌ・デュ・ニル) 
【ジャンル】レバノン料理
【住 所】 16-18, rue le Regrattier, Paris
【最寄駅】 メトロ7 Pont Marie駅
【電 話】 01 40 46 09 02
【営業時間】12:00-23:00
【定休日】 無休
【キーワード】 フランス レバノン Liban Lebanon
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■パリの朝食(2日目)♪
2006/08/25 21:40 |
きょうはお昼、ゆっくり食べる時間ない。
だから、朝ご飯しっかり食べておこうとおもって

これと
0608240003.jpg

これをつかって
0608240006.jpg

これをつくった♪
0608240012.jpg

名付けて『パリ・サンド!』
パンはちいさいけど『フランスパンっ!』って主張してる!
もちもち もちもち♪

0608240005.jpg

この生オレンジジュースといっしょに食べると
とても美味しいよ~♪

■訪問日: 2006年8月
■キーワード: フランス パリ ホテル ブレックファースト 朝食 あさごはん
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


■ze kitchen galerie(ザ・キッチン・ギャラリー) 
2006/08/24 18:41 |
0608230592.jpg

今回のパリ滞在で夜ごはんを食べれるのは
よくて2回
あしたの夜はどんな予定になるのか
よくわからないので
きょうは気合いをいれてお店選びしなきゃ!

ネットで調べてよさそうなところを
3つリストアップしたよ

 1)Mon Vieil Ami
 2)Ze Kitchen Galerie
 3)Alcazar

とりあえず、電話してみる。
1)はどうやら夏休み中らしいテープの応答
  むにゃむにゃ言ってる。
次に2)に電話したらだれかでてきて
『ボンソワ、むにゃむにゃむにゃ…』
あわてて電話をきって、ホテルの
フロントから予約とってもらったよ。
ホテルからメトロのM1とM4を
乗り継いでいく。

0608230597.jpg

これはM4のメトロ。
大阪の地下鉄よりだいぶ小さい。
パリのメトロの駅はタイル張りなのと、
デカイ広告がいっぱいあって見てるだけで
楽しいね♪ 
広告ひとつとっても、芸術性を感じる!

最寄りの駅は『Saint Michel』。

 ■ze kitchen galerie
  ザ・キッチン・ギャラリー

お店についたのは20時15分ころ。
こんな時間でもまだ明るいんだよね~
サマータイムいいなぁ♪ 
日本もやればいいのに。

地図を頼りにやってきたらなんだか
見覚えのある場所…
ぎゃはは、
昼にきた『レ・ブキニスト』の隣やんか!

店内はけっこうお客さんがたくさん
はいっててほとんど満席だ
予約してもらっておいてよかった!

0608230568.jpg

まずは、スターターとして、
カンパリオレンジで一人乾杯♪

おまかせコース(Discovery Menu)ってのが
70ユーロであるけどせっかくのディナー
だからアラカルトで選ぶことにする。

そうそう、せっかく仏和/和仏辞典の
はいった電子辞書もってるのに今回家に
置き忘れてきたよ。
バカだね!

0608230570.jpg

ここも付きだしのオリーブがでてきた
メニューの構成は5部構成

 ‐野菜・スープの前菜
 ‐パスタの前菜
 ‐お魚系の前菜
 ‐メインディッシュ
 ‐デザート

前菜系はほぼ同一金額
メインディッシュもほぼ同一金額

こういうのって、いいよね。
いつもならつい値段で決めてしまったり
するもんね(笑)

まずは、前菜
すごーっく迷った末、野菜系の前菜にした
フランス語だとわからないから、英語で書くね

‐Zucchini Marmelade, Taggiaska Olive - Anchovy, Artichoke - Roquette Broth

どんなのがでてくるか想像つきますか?
ぼくはぜんぜんわからなかった ^_^;

待つこと10分くらい
でてきたのはこちら~

0608230572.jpg

うわ~っ!

ビジュアル的にも感動!
おもわず『美味しそう~っ!』って
ひとりで声を出しちゃったよ

さっそく、一口食べてみて、『うほ~っ』
筆舌に尽くしがたいとはこのことだね!

お料理評論家だったらこれを文章で
解説しないといけないんだよね
ぼくには絶対できないなぁ~

フレンチをいただくときは、
いろいろなものを混ぜ合わせて
食べるとより美味しいんだよね。
うまく説明できないけど、
葉っぱの上に手前のしろいのと、
奥の黄色のとまわりの緑色のソースを
のっけて、まとめてお口にいれる

たまらないね~♪

0608230576.jpg

パンは籠に山盛りはいってでてきた
もう、だいぶ食べちゃったけどね(笑)

さてさて、メインディッシュです。
こちらはすぐに決まりました。 コレ

‐"Grilled" Foie Gras & "Wok" Vegetables; Carott, Fennel & Cucurma Emulsion

決め手はこれ、『Grilled Foie Gras』
前菜が見た目も味もすごく旨かったから
こちらもなんか楽しみだなぁ~

一般的に西洋料理ってメインディッシュは
想定内のものしかでてこないので、
あんまり楽しくないんだけど、
ここはどうだろう…?

今日はワインを頼まなかったので、
ちょっと手持ちぶさた…
待つこと15分ほど、

きた~っ!

0608230580.jpg

『きゃあ~っ!』

ぼくが女子だったら、
ぜったい声出して叫んでたよ!

こころの中で叫んで見たものの、
実はなにがどうなってるのか
よくわからなかった

『ん? フォアグラってどれや?』

写真は明るく写ってるけど、
店内はかなり暗くてよくわからない。

まあ、食べてみよう~。
これがフォアグラかな?

ゴリゴリ… あ、ちゃうわ(笑)

実は薄くスライスしたハムのようなものが
『Grilled Foie Gras』

う~ん、もう、最高に最高!
このフォアグラをすこしとって
ほかのお野菜に乗っけて食べると
舌の上でフォアグラがとろけて
お野菜の味とが融合する。

超絶妙な味付けも、
この世のものとは思えない…

これ、一皿全部食べたら、
死んでもいいよ!(ウソ!)

ひとりでニコニコしながら食べてたよ
やっぱりこのお店
お一人様でくるところじゃないね
素敵な女性と『わぁ~、美味しいね~♪』
っていいながら感動を共有したいお店だね

だれかいっしょにパリまで来てくれるん
だったら、ご馳走するよ♪

0608230582.jpg

前菜、メインディッシュといただいたけど
今日の料理はさほどボリュームがないので
まだ、デザートいけそうだ

『よしっ!』 っと気合いをいれて
『デザートメニュー プリーズ?』

最近デザートに目覚めかかってる
まさいはがんばってデザートメニューを
読んだんだけどスィーツの知識がないので
いったいどんなものなのかまったく
想像がつかない

デザートメニューは↑なんだが、
あなたならどれ選びますか?

よくわからないくせに、
時間をかけて悩んだ末、選んだのはコレ

‐Strawberry - Pistachio -Lemongrass Cappuccino; Wasabi Emulsion

そもそも、Emulsionってなんなんだろう?
スィーツ界のひとならわかるんだろうか?
しかも、Wasabi Emulsionって…
あとから気がついたんだけど
メインディッシュも最後にEmulsionって
ついてるんだよね。

0608230584.jpg

えっ、これですか?

ぜんぜん予想していなかった形態
お皿の上にいろんなフルーツが並んでて…
ってのを想像してたので・・

じゃあ、さっそくいただきま~す♪

『うっわぁ~!』

こんどは小さく声を出して叫んでしまった
これもまた感動的な美味しさ
いろんなフルーツの味が絶妙に混じりあい
そして、隠し味的に『わさび』の味が
あとからわき出してきて…

すごいっ! って思った。

こんな素敵な味が世の中に存在するんだ
まさに、フレンチ! だね~

真ん中に氷山のように浮かんでるのは
シャーベット
でも、なんかシャーベットは脇役の
ような感じだ
赤い液体はまるでスィーツのカクテルだね

なんか、感動しっぱなしの2時間
わざわざホテルからメトロにのって
30分かけてやってきて、
ほんとによかった!

この感動、だれかと分かち合いたいなぁ

0608230588.jpg

最後はいつものエスプレッソとチョコ
でも、さっきのエマルジョンの味わいを
流してしまいたくない気分… だね。

きょうのお料理、チップ込みで70ユーロ
超超満足まんぞく♪
ごちそうさま


■フランスの話 ぜんぶ

──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 ze kitchen galerie (ザ・キッチン・ギャラリー) 
【ジャンル】フレンチ
【住 所】 4, rue des Grands Augustins, Paris
【最寄駅】 メトロ4 Saint Michel駅
【キーワード】 キッチンギャラリー
──────────



View Larger Map
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(4)


■ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス マドリッド
2006/08/20 00:42 |
IMG_1035.jpg

スペインは国が広いから、
一言でスペイン料理といっても
地域によっていろんな種類のがある

たとえば、バルセロナはシーフードが中心、
マドリッドは肉料理が中心 といった感じ
この夜はマドリッド泊だったので、
この地方のなにか美味しそうな
レストランはないかと、JALの地図&ガイドを
みていたらこういうのがあった。

 ■Las Cuevas de Luis Candelas

ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス
義賊の隠れ家を利用したカスティリヤ料理店

と説明が書いてある

義賊の隠れ家??  カスティリヤ料理??

よくわからなかったけど、今夜はこのお店に即決!

夜、暗くなってから
『義賊の隠れ家』ってどんなんだろうと
想像しながら、お店をさがしてたら、
ひと目でそれとわかるお店を見つけた!(上の写真)

お店の前に、ちゃんと『義賊』の見張りが立ってる!
鉄砲みたいなものまで持ってるよ… コワ~

その見張りのおじさんに、おそるおそる
『一人で食べに来た』と伝えると、
一瞬、睨み付けられてギョッとしたけど、
そのあとは優しく対応してくれた。

でも、ホッと一息つくまもなく、
こんどは、店内の案内人が隠れ家の奥の奥の奥の
そのまた奥のほうにまで連れて行く。

おいおい、生きて帰れるんかよ? と
ビビッてしまったけど、
かなり奥のほうの小綺麗な
小部屋のテーブルに案内してくれた ^_^;

テーブルについたときには、
ひやひやドキドキでもう喉がカラカラ…
まずは、冷えたビールをいただいた。

IMG_1025.jpg

いや〜、食事をはじめるまでに、
いっぱい楽しませてくれるよ!

ビールで喉を潤しながら、
ゆっくりお料理を選ぶ。
スペイン料理はだいたい量が多いので、
この日はスープとメインディッシュの
2品にすることにする。

この時点でたぶん門番に声をかけてから
30分は経ってたかな…


IMG_1027.jpg

何のスープかはっきり覚えてないが、
トマトベースのシーフードスープだったと思う。
すんごく美味しい! 

さて、1杯目のビールは
あっというまになくなったので、こんどは
スペイン名物『サングリア』を頼む。


IMG_1026.jpg

日本だと、ふつうグラスで出てくるが、
こちらは一人分でもピッチャーが標準
いろんなフルーツが入っていて、とっても美味しい♪
これで700円くらいだった


IMG_1029.jpg

さて、お待ちかねのメインディッシュ。
羊のローストだが、ものすごい量(^_^)/

数人できて、シェアしないとたいへんだ。
でもとても美味しいので、
のんびり、ゆっくり食べる♪

のんびり食べてると、
突然まわりが騒々しくなった…

なにごとや!
義賊の隠れ家だから、
お役人が抜き打ちに手入れに来たのか?


いや、違いう(笑)
ギターやマンドリンを抱えた
男性の数人組が部屋にはいってきて
陽気に演奏をはじめた♪

IMG_1031.jpg

とっても明るい曲を立て続けに、
ものすごく楽しそうに演奏してくれる。

さすが、スペインやね~ 

歌の意味はわからなくっても
ほんとに楽しませてくれるよ!

最後はテーブルに帽子をもって回ってきた。
とっても楽しかったので、
もちろん、チップをはずんだよ!

IMG_1032.jpg

さて、これはさっきの羊のローストの断面図
すごいボリュームだったが
ガンバってほとんど食べた(^_^)/

最後にデザートはどうかと聞かれたけど、
とてもムリ!

それで、食後酒をいただいた。

IMG_1033.jpg

それにしても、楽しいひとときだった。
最初はどきどき、はらはら。 
途中は音楽でノリノリ♪

食事も美味しかったし、お値段もとてもお安い。

ガイドブックとかにも載ってるので、
マドリッドに行く機会があるかたは、
ぜひぜひ行ってみてください。

最初に見張り役の男に声をかけるのが、
とっても勇気がいるけどね!


——————————
【訪問日】 2002年1月 
【店 名】 Las Cuevas de Luis Candelas
      ラス・クエバス・デ・ルイス・カンデラス

【ジャンル】カスティリヤ料理
【住 所】 C. Cuchilleros, 1, Madrid
【電 話】 91 366 54 28
【営業時間】 13:00~16:00、19:00~24:00
【キーワード】マドリッド マドリード Madrid
——————————



大きな地図で見る
関連記事
___________________________
スペイン トラックバック(0) | コメント(0)


■Restaurante Cerveceria Plaza Mayor
2006/08/17 02:14 |
IMG_1007.jpg

2002年にマドリッド行ったときの話
マドリッドでは3泊した。

■初日(1月28日)
初日は夜8時ころにマドリッド空港に
着いたが、もう機内食でおなかいっぱい
(ルフトハンザの欧州域内の機内食は旨い)

なので、Holiday Innのちかくのよろず屋で
ハムとビール買ってそれだけで夕食にした。
チェコのビールが美味しかったよ。
ハムはニッポンハムと同じ味だった(^.^)

マドリッドはお店が夜遅くまで開いているので便利
でも、最近は日本人を狙った
『ノックアウト強盗』がはびこってるので
夜出歩くときは気をつけてね!

■2日目
この日は一日フリーだったので、
ロンドンで買った英語のミニガイドに
載っていた、ツアーコース(といっても徒歩)を
がんばって回った。

マドリッドは初めてなので『おのぼりさんコース』
街をうろうろしてると、
上の写真のような肉屋さんを見つけた。

さすがスペイン!
生ハムの塊をいっぱい売ってる(^_^)/
これ、イベリコ豚だが、1キロ8.96ユーロ
めっちゃ安い!

さて、ランチはメイヨール広場の近くの

 ■Restaurante Plaza Mayor Cerveceria

へ行った。
たまたま通りかかっただけだが・・
広場のちょっと裏手。 徒歩1分くらい。

IMG_0995.jpg

12時半くらいにいったが、店内はガラガラ。
さては、人気のないレストランなのかな
と思ってたんだけど、スペインでは
お昼は2時ころに食べるのが普通らしい。

食べ終わるころにお店は満員になってきた(笑)
ごく普通の小さなレストランだけど、
内装がすごくいいよね♪
なんか、歴史を感じるなぁ♪

ランチメニューが7.8EUR(ユーロ)で
約900円(当時)くらい。

ランチは前菜、メインを数種類の中から
1品ずつ選ぶ。
まず、前菜のチョイスは

 ‐Beans Spots with Rice
 ‐Castilian Soup
 ‐Roasted Peppers with Tuna
 ‐Peas with Ham
 ‐Mixed Salad

けっこう迷ったが、
どんなものかわからない
『カステリアン・スープ』にした

IMG_0998.jpg

ちょっと香辛料のきいたスープで美味。
なかからポートドエッグがでてきてびっくりだった!

普通の家では前日の堅くなったパンを
スープに浸して食べるお料理があるけど、
きっとそれかな


IMG_0999.jpg

ランチにはワインが赤か白が標準でついている。
で、喜んで赤を頼んだ。

ランチメニューについているワインだから
グラスワインだとおもったら、
ボトル1本まるまるついていてびっくり。

一人だったので昼真っからのみ過ぎて、
午後の観光は取りやめ(笑)

さて、メインディッシュのチョイスはこちら

 ‐Veal with Carrots
 ‐Rosted Chicken
 ‐Fried Eggs with Loin to the Grill
 ‐Grilled Mere
 ‐Fried Squids

どういうわけか、『フライド・スクイッド』を頼んだ
写真をみればわかるように、単なるイカリング
あ~、選択ミスだなぁ…

IMG_1001.jpg

もちろん、美味しかったんだけど、
こんな、日本でもあるような料理じゃなくて
他のを選べばよかった!

いま、選ぶとしたら、
『Veal with Carrots』か『Grilled Mere』だな
どちらも、どんなものかよくわからないけどね


IMG_1002.jpg


最後に、デザートがついてる。
普通の感じだけど、美味しい♪

全体的にとっても満足なランチだった
ワインを一人でたくさん飲めたのでそれだけでも満足かも!

もし、マドリッドにいくことがあったら、
探してみてください。

これは近くの席で食事していたお年寄り夫婦
なんかいい雰囲気♪

IMG_1003.jpg



──────────
【訪問日】 2002年1月 
【店 名】 Restaurante Cerveceria Plaza Mayor
【ジャンル】スペイン料理
【住 所】 Plaza Mayor nº2, 28005 Madrid, Spain
【電 話】 913 650 646
【営業時間】 不明 昼は12時くらいからオープン
【Trip Advisor】 http://goo.gl/9LP9Kk
【ひとこと】ランチメニューが安くておいしい。
      ワイン1本ついてくるので、のんべえには◎
      気軽に入れる小さなレストラン
【キーワード】 マドリード マドリッド メイヨール広場 ランチ Lunch
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
スペイン トラックバック(0) | コメント(2)


■Scoma's オイスター&ロブスター サンフランシスコ
2006/08/09 00:36 |
CIMG5231.jpg

数年ぶりに訪れたサンフランシスコの街
ここは観光地ということもあるけど、
アメリカにしてはいろいろ美味しいものがたくさんある。
ものの本によると、全米一レストランが多い街なんだって

上の写真はピア39の裏手あたりのヨットハーバー
ほんとに美しい光景だね♪ それに、このあたりの海って、
なぜかあまり潮の香りがしないんだよね…

サンフランシスコにきたとき、いちばん食べたいものは、

 ■ロブスター

日本でたべると目が飛び出るほど高いけど
こちらはけっこうリーズナブル
きょうは、ちょっと有名レストランの

 ■Scoma's

でいただくことにしたよ♪

CIMG5277.jpg

ここはガイドブックにも載ってるので日本人も多い
メニューには『Childrens & Japanese Menu Available』と書いてある。
日本人って、子供並かい?

さて、飲み物はマルガリータ♪
アメリカのマルガリータはでかいグラスに氷をいっぱいいれて
供されるので、けっこうアルコール度が低いんだ。
はじめて飲むと、薄くかんじるけど、でもたくさん飲めるから
けっこう嬉しい。 それに安い

CIMG5238.jpg

アメリカでマルガリータを注文すると

 frozen or on the rock ?
 with or without salt ?

とかならず聞かれる。
ぼくは on the rock with saltが好き♪

アペタイザーは当然、オイスター♪ おまかせにすると、

 ‐Oyster on the Half shell -Half Dozen 16ドル

CIMG5241.jpg

数人で頼むと、大皿にたくさん並べてくれるから
とっても豪華に見えるよね!
産地をいちいち説明してくれるけど、覚えきれない ^_^;

つづいてスープ。
もちろん、サンフランシスコ名物の

 ‐Clam Chowder Soup / Cup 4.5ドル

ピア39の屋台でもいっぱい売ってるけど
Scoma'sのクラムチャウダーは絶品だったよ

CIMG5245.jpg

これが4.5ドルというのはとってもお得!
いままでで一番美味しかったクラムチャウダーかも♪

いよいよメインはこれ

 ‐Western Australian Lobster Tail 55ドル

あら、けっこう高いね ^_^;
でも、最初からきめてたから、コレ!

待つこと15分くらい
でてきたのはこちら…  

CIMG5250.jpg

あら、殻だけ?
いやいや、じつはこの殻のうえに、ロブスターを開いて
乗せてあったんだけど、写真を撮る前にはずされちゃったの

なかみはこちらです!

CIMG5252.jpg

なんか、開いちゃうとロブスターに見えないね(笑)
レモンとオリーブオイルでいただきます。
もう、最高に美味しいですよ!

満足満足。

このScoma'sはやはり観光客向けのお店なので
ちょっとお値段は高めです。
でも、クォリティーは最高なので、財布に余裕のあるときはぜひに!

──────────
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 Scoma's
【ジャンル】シーフード
【住 所】 PIER 47, SAN FRANCISCO, CALIFORNIA 94133 U.S.A.
【電 話】 415-771-4383
【営業時間】11:30~22:30
【定休日】 感謝祭、12/24、12/25
【キーワード】 スコマス サンフランシスコ フィッシャーマンズワーフ
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(2)


■美食人家 中国・黄山の繁華街
2006/08/08 00:48 |
CIMG4825.jpg

中国・黄山のつづき

ここは黄山市内でいちばんの繁華街
お土産やさんやレストランがいっぱい並んでるところだよ

CIMG4826.jpg

さすが、中国だね!
お茶屋さん(喫茶じゃなくて、お茶の葉っぱ売ってるところ)が
いっぱいならんでる♪
ほかに、黄山の名産品ももちろん

さて、今夜の食事はこちら

 ■美食人家

CIMG4831.jpg

まあ、グルメの館とでもいうのでしょうか?
きょうのディナーは中国人4人とぼく一人
だいじょうぶかな…(笑)

中国のレストランではよく見る風景なんだけど
厨房の前にずらりとならんだご馳走の数々!

CIMG4832.jpg

これらをみながら選んでいきます。
お魚類は、材料となる魚とかがならんでいて、
それを選んで好きなように料理してもらいます。

のどが渇いてるので、やっぱり最初はビール

 ■一品黄山(Yipinhuangshan)

CIMG4838.jpg

黄山名物のビール
でも、これ、美味しくない ^_^;
うーん、どういうのか、コクがないなぁ
なんだか、日本の第3のビールみたいな感じ

さて、お料理。
まずは前菜風のもの
これも中国ではよく見かける、お豆腐料理の一種

CIMG4842.jpg

堅いお豆腐を千切りにしたもの
どちらかというと、高野豆腐に近いかも…
うーん、いや、やっぱり違うなぁ

これは、牛か豚のレバーを辛く煮込んだもの

CIMG4851.jpg

生臭くて、あんまり美味しくなかった…
中国人の友人達もほとんど箸をつけなかったよ ^_^;

さてさて、こちらが本日のメインイベント!
一番の目玉料理だよ~
さっきの、厨房のところでみかけた、これ

CIMG4839.jpg

『これなんだ?』と友人の中国人女性に聞いたら
『これ、旨いから、ぜひ喰え』としつこくいうんだ
どう見ても、ムシっぽいので、正体を聞いたら

 ■蚕の幼虫

げー、やだやだやだ ってだいぶいったんだけど、
『わたしが食べたら、食べる?』っていうので
諦めて、『うん、わかった』っていったの

テーブルに並んだとき、彼女は躊躇しないで、
スプーンですくって食べるじゃん
わー、こりゃ、ぼくも覚悟を決めなければ… たらーり(汗)
アップでみると、コレ

CIMG4840.jpg

見てると食べられないので、目をつむって、覚悟を決めて…
ひとくち、ぽいっ っと口の中に…

『バリバリバリッ』

ありゃりゃ、けっこう旨いやん!
目をつむって食べると、スナック菓子みたいな感じ。
ムシだから、きっと、噛むと中から、むにゅっと
柔らかいのがでてくるのかと思ったら、中までパリパリ

悪く無かったです♪

CIMG4857.jpg

これは、お米を粉にして薄~く焼いたもの
今日の料理で、一番美味しかったかも(笑)
けっこうバリバリ食べちゃいました。

最後はデザート

CIMG4844.jpg

パッと見はよくわからなかったけど、
どうやらもち米で作った饅頭みたいなものだね

中にはなぜか穴があいてる
なにか棒のようなものに突き刺して蒸すのかな?

CIMG4863.jpg

きょうのお料理はとてもクセのあるものばかりだったよ
まあ、おなかはイッパイになったけど、
『美味しかった~!』っていう感じではないなぁ~

中華料理にもいろいろあるねぇ… 中国はひろい!


■2006年6月
■キーワード: 黄山 かいこ カイコ 蚕 幼虫 虫
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)


■黄山の朝食 黄山国際大酒店
2006/08/07 19:11 |
CIMG4633.jpg

上海でご馳走を食べた翌日
上海からさらに飛行機で1時間、内陸へ
はるばるやってきました、黄山(Huangshan)

黄山は安徽省(Anhui sheng)南部にある地域で、
1985年、中国の十大名勝地に選ばれ、
1990年、世界の文化と自然遺産に登録された
世界でも有名な観光地です。

今回泊まったのは、そんな地域の入り口にあたるところにある街です。
ほんとうはゆっくりと世界遺産を観光してきたかったのですが
残念ながらあまりゆっくり見ることはできませんでした。
半日だけ黄山のさわりだけを観光してきたのでまた紹介しますね。

きょうは宿泊したホテルの朝食を一気にご紹介です。
泊まったのは『黄山国際大酒店』です。
けっこうまともなホテルでした。 ネットにもつながります。

朝食はバイキング形式で、日替わりでいろいろなものが
並べられていたので、連日でもあまり飽きません。
ぐるっと一回りして、もの珍しいものの写真を撮りました

■豆腐脳(doufunao)
CIMG4636.jpg

この豆腐脳というのが、普通の豆腐とどうちがうのか
よくわからないんだけど、食感はまさに絹ごし豆腐だね~
あみさんのブログによると、固まりかけの豆腐みたいなものなんだって。

■血糯粥(xienuozhou)
CIMG4637.jpg

これは赤いもち米のお粥のようです。

■豆腐脳をうつわによそって、盛りつけた様子
CIMG4641.jpg

赤いのは唐辛子味噌のようなもの
これはほんとに美味しかったよ♪
お豆腐なのでいくらでも食べられるし、
カロリーもすくなそうだし(笑)

■こちらは血糯粥をおわんによそったところ
CIMG4643.jpg

一見、赤飯のお粥みたいだけど、ぜんぜん甘くない
塩をふっていただきました。

■上記ふたつ以外のものを盛りつけたのがこちら
CIMG4631.jpg

奥から順に説明すると、
丸いのは名前が思い出せないんだけど、
日本にもある野菜。 シカシカした食感のやつ
細めの揚げ春巻き
卵はなんとガチョウの卵。 でも味はふつう
黒いのは不明。 すこし甘みがあったよ
手前の黄色いのは南京。 柔らかくて美味しい♪
焼きそばと炒飯もとても美味でした。

■こちらは2日目の朝ごごはんの盛りつけ例
CIMG4774.jpg

きょうは焼きそばが上海風の幅広のだった
特筆すべきものはないけど、全体的に美味しいね♪

■こちらは3日目の朝食
CIMG4876.jpg

中華朝食にちょっと飽きてきたので
もっていった、エースコックのワンタン麺
あ~、なかみは中華そば… がっくし ^_^;

■こちらは最後の日の朝ごはんの盛りつけ例
CIMG4904.jpg

奥の原発みたいな形したやつは小籠包の一種かと
思ったんだけど、中をわってみるとこんなの
CIMG4905.jpg
ごはんが入ってました。

そして、こちらは中華粽のなかみ
CIMG4908.jpg

もっちりしておいしい~です!
中華粽ってほんと美味しく味付けしてあるね!

全体的にとても満足な朝食ライフでした♪
ホテルの朝食はやっぱり欧米より中国のほうがいいなぁ!

──────────
【訪問日】 2006年6月 
【店 名】 黄山国際大酒店
【ジャンル】ホテル
【住 所】 中国黄山市屯渓區華山路31号
      31 Huashan Road Tunxi, Huangshan, China
【電 話】 0559-256-5678
【営業時間】24時間
【定休日】 なし
【キーワード】 世界文化遺産 世界自然遺産 黄山 Huangshan
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
中華人民共和国 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ