English | Top | RSS | Admin

2008.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2008.08


■ Morton's The Steakhouse 米国・ロサンゼルス
2008/07/15 23:09 |
Los Angels_0807-5

いま、まさいはここにいる

場所を示すカンバンとか探したら
みつけたのはこの地図
上のほうに小さく書いてあるよ

Los Angels_0807-6

一日だけのロサンゼルス滞在
出発の2週間ほど前から、mixiのコミュとかで
美味しそうなレストランをリサーチする
候補にあがったのが

■Ruth's Chris
 224 South Beverly Drive, Beverly Hills

そう、あのビバリーヒルズにあるステーキハウス
全米に数店あるチェーン店でけっこう有名
石田純一もほめてたらしい(どうでもいいけど…)
でも、残念ながらホテルから遠かったのでここは断念

じゃあ、ということでよく似た系統のお店を選んだ

■Morton's the steakhouse

Mortons_0807-13.jpg

米国ではRuth'sとかMorton'sとかっていう
所有格になってる店名が多いね。
日本でだと『まさいのうどん屋』っていう感じかな

Mortons_0807-14.jpg

米国のステーキハウスの店内はとにかく暗い
サンフランシスコのHouse of Prime Ribも暗かったし
ラスベガスのHilton Steakhouseも真っ暗に近かった
米国人にとってステーキハウスって
カップルでいちゃつく場所なんだろうか???
ここ、Morton'sもとても暗い

Mortons_0807-15.jpg

飲み物は今日もマルガリータ
別にマルガリータ命ではないんだけど
外国で変わったものをオーダーすると、
説明するのに5分くらいかかったりするからね(^_^;)

Mortons_0807-16.jpg

米国のレストランではホール担当の人には
エンターテイメント性が要求される
いろんな工夫をして、お客さんをもてなしてくれるので
話してる内容が十分わからなくてもけっこう楽しい

きょうはトレーに生肉の塊をのせてやってきて、
この肉は××、こちらは△△と、肉の名前と味の違いを
一生懸命説明してくれる。
そのときはふんふんと聞いているんだけど
さて、メニューに目をもどして、選ぼうとすると
いま聞いたことをもうすべて忘れてしまってる(笑)

結局、肉の説明をなにも覚えてなかったので
分かり易いロブスターを注文したよ

Mortons_0807-18.jpg

あはは、せっかくステーキハウスを選んで来たのに、
なにしに来たのかわからないね(笑)

でも、でてきたロブスターはかなり立派だよ
とくにシッポが立派だね、伊勢エビ風

サンフランシスコのときもそうだったけど
西海岸ではロブスターの身をうまくひっぱりだして
殻のうえにのせてグリルするんだよね!

このロブスター、ほんとに美味しかったです。
身の引き締まり具合といい、焼き具合といい最高でした!
ソースはバターを溶かしたものしかなかったんだけど
タルタルソースがあればもっとよかったかな♪

Mortons_0807-17.jpg

こちらはつけ野菜としてオーダーした
アスパラガスのグリル
太くてしっかりした味で美味しかったです。

いっしょにいった知人は巨大なステーキと
格闘していて、それを見ているのもけっこう楽しかったね♪

ステーキに比べて、ロブスターはとてもお腹に優しい分量でした
満足まんぞく!


──────────
【訪問日】 2008年7月 
【店 名】 Morton's The Steakhouse
【ジャンル】ステーキ シーフード
【住 所】 735 South Figueroa Street Los Angels, CA 90017
【電 話】 213-553-4566
【営業時間】不明
【定休日】 たぶん無休
──────────


大きな地図で見る

関連記事
___________________________
米国 トラックバック(0) | コメント(0)


■ ANA機内食+α
2008/07/11 07:33 |
LAX_0807-5.jpg

海外にいくときに乗る飛行機の食事も
けっこう楽しみだよね~
いっぱい写真たまってるんだけどしばらくアップしてなかったので
まとめて掲載しますね。
ANAの食事はいつも美味しいです♪

ANA_080602-29.jpg

6月にポートランドにいったときの往きが
ラッキーなことにビジネスクラスに乗れました。
これはそのときのお料理。

↑上は梅酒とおつまみ
最近、だんだんとお酒の種類が増えてきたので嬉しい
やっと芋焼酎も飲めるようになったよ(^_^)/

ANA_080602-30.jpg

今回は和食にしてみました。
けっこう本格的な懐石風のお料理
芋焼酎を飲みながらゆっくりといただきま~す
酢の物には土佐酢が別添えになってるので
新鮮な風味を味わうことができる

ANA_080602-31.jpg

和食の主菜は

・柳鰈(かれい)の若狭焼き
・海老芋と旬菜の炊き合わせ

ボリュームは少ないけどとっても満足できるお料理だよ

ANA_080602-32.jpg

そして、デザートにはブルーチーズ
これでまたお酒がすすむ!
グラッパがあれば、もっと嬉しいんだけど
それでも満足まんぞく♪

ANA_080602-34.jpg

朝ご飯は洋食にしてみた
冷製ぽろ葱とポテトの
クリーミーポタージュヴィシソワーズ風
これ、すごく美味しかった!

ANA_080616-16.jpg

こちらは東京からフランクフルトへ行くときの食事
この日は残念ながら狭いエコノミー席
ごはんもチンするだけのやつだけど
この『シーフードカレー』は悪くなかったなぁ♪

ANA_080616-17.jpg

これはフランクフルトから東京へ帰るとき
チキンのトマト煮込みとサフランライス

それにしてもフランクフルト便はいつも混んでるね
そうそう、ひとつ提案なんだけど。
日本から一番ちかいヨーロッパは
フィンランドのヘルシンキなので、
成田や関空からヘルシンキ便を飛ばしてほしい

そこで乗り換えてヨーロッパ各国へいけば
すごく時間的に短縮できるからね。
フィンランド航空があるけど
スターアライアンスじゃないので最近乗らなくなっちゃった。

ANA_080606-5.jpg

最近、エコノミー席にのって嬉しいこと

それはデザートに『ハーゲンダッツ』がでてくること
狭い席で、あまり美味しくないごはんを
ガマンして食べているお客様に、せめてものサービス
これが、すごく嬉しい♪

ANA_080616-14.jpg

こちらは成田空港のANAラウンジでいただける
無料のおうどん
これが、けっこう旨いんだよね!
たぶん冷凍うどんだと思うけど、讃岐風の薄味で美味しい
エコノミーに乗るときは、このうどんで腹ごしらえして乗る!

LH_080616-5.jpg

日本のANAがうどんなら、ドイツのルフトハンザはソーセージ

これはフランクフルトのルフトハンザのラウンジに
あったお食事ものを盛り合わせたもの
さすがドイツだけあって、このソーセージがかなり旨い。
サラミやハムも美味しかった。
でも、マカロニはイマイチだったなぁ・・・ まあ、ドイツだから。

LH_080616-6.jpg

ルフトハンザでヘルシンキにいく時にでたパスタ
美味しそうな香りはしていたけど、
堅すぎたり、柔らかすぎたり・・・

いままでイタリア以外の海外で
美味しいパスタにはいちども遭遇したこと無いよ
麺にたいするこだわりは日本人とイタリア人だけに
共通したDNAのような気がする。
だから、昔、日本とイタリアは同盟国だったのかも

アジアや中近東の航空会社はそれぞれの国の特徴をいかした
いろんな種類のお料理をだしてくれるので楽しいよ
いま、乗ってみたいと思ってるのは

 ・シンガポール航空
 ・エミレーツ航空(ドバイ)
 ・トルコ航空

かな。
特にドバイってどんなもの食べてるのか
わからないので、興味津々!

ANA_080709-20.jpg

こちらはロサンゼルスから成田へ帰るときの
ビジネスクラスの朝食(昼食?)
カレー風味のシチューなんだけど
鶏肉や野菜の具がごろごろ入っていてとても美味しい。
そうだよね、シチューって機内食にいいように思う
先に調理しておいて、温めるだけでもとどおり美味しくなる。
エコノミーでもこういうシチュー系を出してくれると嬉しいな♪

この日はロスに1泊しての帰国だったので
CAさんが全員往きのフライトとおなじ方々だったので
前からの知り合いのような不思議な感じ

あまり忙しくない時間帯にCAのOさんと
いろいろお話できてとても楽しかったです♪

ぼくはアメリカに1泊で行ったのは初めてだけど
ANAのCAさんはいつも1泊(NYとかは2泊)なんだよね
大変な仕事なのにいつも笑顔で接してくださってありがとう♪

過去の空の旅

■2008年6月
■キーワード: 機内食 ANA 全日空 空の旅

関連記事
___________________________
空の旅 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ