English | Top | RSS | Admin

2009.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2009.08


■ 開花亭 お弁当 ANA Premium Class
2009/07/24 00:05 |
ANA_premium_0907-8.jpg

去年、かなりの回数海外にいったので
いっぱいマイルがたまって、ステータスも上がったよ
ステータスがあがると、
『アップグレードポイント』というのをもらえる。

正規割引料金のエコノミークラスだと、
このポイントを使ってアップグレードをしてもらえる。
かなり嬉しいんだよね♪

でもでも、ことしは海外にいく機会が激減
せっかくたくさんもらったポイントを使えない。 がっくし

ANA_premium_0907-9.jpg

しかたないので、東京から大阪に帰るときに
プレミアムシートにアップグレードしてもらったよ

このクラス、席が広くなると同時に
ちょっと上等なお弁当をもらえる。

■料亭 開花亭 福井市

のお弁当
それに、温かいおみそ汁もついてるよ。

さすが、有名料亭のお弁当
かなり美味しかったよ

でも、やっぱり東京~大阪は短すぎるな

食べるのがのろいまさいにとっては
かなり一生懸命食べないと、食べ終わらない

■2009年7月
■キーワード: プレミアムクラス 全日空 スーパーシート
関連記事
___________________________
空の旅 トラックバック(0) | コメント(0)


■ Ye Olde Cheshire Cheese パブ ロンドン
2009/07/07 22:51 |
Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-35.jpg

イギリスに限らず、ヨーロッパにはすごく歴史のある
建物やレストランとかがある
先日いった、ローストビーフのお店『ルールズ』は
創業1798年だった。
それもすごいと思ったけれど、
イギリスにはもっとすごいとこがある

ロンドンと言えばパブ
滞在最終日の昼間に
そのすごいところに行ってきたよ

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-36.jpg

ここはロンドン最古のパブ

■Ye Olde Cheshire Cheese ロンドン

イェー・オールド・チェシェアー・チーズ と読む

どれくらい古いかというと

・1538年創業

ぎょえ~、1538年といえば、日本はまだ室町時代
ちょっと、日本史の年表を見てみると

 1531年 一向一揆おこる
 1543年 ポルトガル人 種子島漂着

鉄砲伝来より前やん!
半端じゃない古さのパブ

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-37.jpg

このお店は地上4階、地下1階くらいあって
各階にいろんな名前の小部屋がある
この日はちゃんとしたごはんを食べたかったので
1階にある

・Chop Room

という部屋にはいった
昼間だったけれど、やっぱりパブにきたら
英国ビールを飲みたかったのでまずはこれを注文

■Old Brewery Pale Ale 4.45ポンド

英国独特のちょっと苦めのビール
予想に反して、けっこう冷えてたよ

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-38.jpg

ここ、創業は1538年だけれども
ただ、残念なことに1666年のロンドン大火で焼失して

・1667年 Rebuilt(再建)

と、表の看板に書いてあった
でも、この1667年も古い
もういちど、日本史年表を見てみると

 1651年 徳川家光没

徳川三代将軍家光が亡くなってから12年後に再建
歴史を感じるね~
このテーブルも徳川家光のころから使われてるのだろうか?

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-39.jpg

このパブは最古のパブで有名だが
食事も美味しいことで評判のお店
とても期待しながら、まず前菜にはこれを注文したよ

■Smoked Salmon & Dill Terrine 4.25ポンド

これがまた旨い
苦めのPale Aleにとてもよくあう
いままでなんどもロンドンに来ていながら
こんなに旨いものに出会わなかったのがとても不思議だよ

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-40.jpg

午後のひとときをとってもゆったりとした気持ちで
めしゃめしゃ、ぐびぐび♪ 至福の時間だね

ふと、上を見上げると
悠久の時をきざみつづけるような時計がひとつ
たんなる飾りじゃなくて、
ちゃんと正しい時刻を示しているね

■午後12時47分 ころ

きょうは夜のフライトで日本に帰るので
それまでたっぷり時間がある

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-41.jpg

さて、メインディッシュをなににするか
事前にネットでちゃんと予習してきた
もちろん、ローストビーフも超オススメらしいけれど
もひとつ、とても人気のこのメニューを注文したよ

■Pot Roast Shank of Lamb
    with Mash & Onion Gravy 11.95ポンド

翻訳すると

羊のすね肉のロースト
 マッシュポテトとタマネギのグレービーソース添え

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-42.jpg

横から見ると、ほら、こんな感じ
めっちゃめちゃ、美味しそうに見えるよ!
見てるだけで、身震いしちゃう♪

鼻がひゅーひゅー鳴るくらい興奮しつつ
一口目を食べる!

 やらか~

ほんとに柔らかくて旨い!

イギリス料理の典型といえるような
とてもシンプルなお料理なんだけど
素材が素晴らしいから、ほんとに美味しいよ

これ、全部食べたら、もう死んでもいいぞ(ウソ)

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-43.jpg

何百年使われてるのかわからないけれど
つるつるになった椅子のひじおき

何万人もの酔い客の
悲喜こもごもの思い出を染み込ませた肘置き

その肘置きに、まさいの右肘をのっけて
ゆったりと食べる、ラムのロースト

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-44.jpg

夜だったらきっと満席で
熱気むんむんのこのChop Room

さすがに平日のランチタイムはガラガラ
まさいたち以外には
ちょっと田舎からでてきた風の老夫婦がふたりだけ

あの大きいラムローストも
このとおり、完璧に完食!
お皿の上に残っているのは
愛犬にあげれば、飛び上がって喜びそうな骨一本

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-45.jpg

このお店が再建された1667年って
どんな時代だったんだろうって

そのころ、この部屋にはどんな人たちが
なにを考えながらエール飲んだり、
ラム食べたりしてたんだろうって
思いを馳ながらすごした午後の一時

Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-46.jpg

窓の外には白馬の騎士が歩いてたのかな?
それとも、けむくじゃらのブルートみたいなのが
大声で叫びながら走り抜けたのか?

現代の大都会、ロンドンにこんな素敵なところがあったとは
ほんとに知らなかった

つぎにロンドン行くときには
ココはぜったい、もう一回いくよ!

ミシュランの☆付きのお店より
ずっとずっと素敵なロンドン・パブ

ごちそうさま♪


Ya_Olde_Cheshire_Cheese_0906-47.jpg



■イギリスの話 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2009年6月 
【店名】 Ye Olde Cheshire Cheese
【ジャンル】 パブ
【住所】145 Fleet St, London, EC4A 2BU, UK
【最寄り駅】地下鉄 Black Friars駅 徒歩10分
【電話】 020 7353 6170
【営業時間】
              OPEN           FOOD
Mon - Fri  11.00-23.00     12.00-22.00
Saturday   12.00-23.00     12:00-14.30 & 18.00-21.30
Sunday     12.00-17.00     12:00-14.30
【定休日】 無休
【キーワード】 ガストロ パブ イー オールド チェシャー チーズ
──────────


大きな地図で見る            
関連記事
___________________________
イギリス トラックバック(0) | コメント(0)


■ Rules ローストビーフ ロンドン
2009/07/04 18:32 |
Rules_0906-24.jpg

まさいの海外渡航歴で回数・滞在日数共に
もっとも多いのはロンドンである
ついで、ハンブルグ、北京 の順

ということもあって、
たまにはイギリス料理のうんちくを
語ろうかとおもったんだけれど、
ウィキペディアの『イギリス料理』の
項を見てみると非常に的確に特徴を述べて
あるので、そちらに譲ることにするよ

 ・イギリス料理(ウィキペディア)

さて、そのイギリス料理
なにが美味しいですか? と問われて
回答に困るんだが唯一思い浮かぶ
メニューがある。 それは

 ・ローストビーフ

Rules_0906-25.jpg

もう、かなり前になるが、
滞在中のホテルのレストランでカートで
運ばれてきて、目の前で分厚く切ってくれた
ローストビーフはほんとにほんとに旨かった

今回、久しぶりのロンドンで、
旨いローストビーフをぜひとも味わいたくて
老舗を選んでいってきたよ

チャップリンの映画にでてきそうな
路地裏のまんなかあたりにあるお店

 ■ルールズ (Rules)

店頭には『Established 1798』と書いてある
うへー、創業はいまから220年前だよ
日本では江戸時代後半

ロンドンでもっとも古いレストランらしい

Rules_0906-26.jpg

まず前菜一品目はこれ

 ・Dressed Dorset Crub
   with Lemmon Mayonnaise £14.95

日本語メニューにすると、

 ・ドーセット産のカニ
      レモンマヨネーズ和え

って感じかな。
ドーセットはイングランド南部の州

だいたい、イギリス料理の前菜って
ろくなモノないので正直なところ
まったく期待してなかった

ところが、コレがめちゃくちゃ旨い。
数え切れないくらいの回数食べた英国料理で
もっとも旨いんじゃないかと思えるくらい。
レモンマヨネーズの配合が絶妙だったよ

最初の一品で、このレストランを見直した。
さすが、ロンドン一古いレストランだけの
ことあるねと思わず襟を正す。

Rules_0906-27.jpg

さて、前菜二品目

 ・Potted Wiltshire Rabbit
   with Scrumpy Apple Chutney £10.95

これも翻訳すると

 ・ウィルトシャー産ウサギのパテ
      スクランピー・チャトネ添え

ウィルトシャーはイングランド南部の州
スクランピーというのは強いリンゴ酒の
一種らしい。
これは、まあまあって感じだったよ

さて、お次はお待ちかねのメインディッシュ

Rules_0906-28.jpg

もちろん、ローストビーフを頼むんだけど
メニューにはこう書いてある。

 ・Kettyle Grass Fed Beef from Lough Erne
   Mature for 28 days:
   Rib of Beef on the Bone with Yorkshire
   Pudding & Roast Potatoes (for two)
            お一人様 £23.95

長すぎっ!
せっかくだから、これも訳してみる

 ・Kettyle地方の草を食べて育った、
   Lough Erne産28日間熟成
   骨付きビーフリブ
   ヨークシャープディングと
   ローストポテト付き(二人前)

 Kettyle, Lough Erne:
    ともに北アイルランドの地名

Rules_0906-29.jpg

それにしても、お見事!
さすが、大英帝国の誇るローストビーフ

ニューヨークで食べた
ピータールーガの熟成ステーキを思い出すよ
伝統の一品という貫禄がただよってるね!


Rules_0906-30.jpg

サービスのおじさんが取り分けてくれる
むこうにあるのが、ヨークシャープディング

さっそく、ローストビーフいただきま〜す♪

とろけるような柔らかさでとっても旨い

イギリス人はこういうとき、
きっとこう思うんだろうね

 『イギリス人に生まれてよかった〜♪』

添えてあるヨークシャープディング
パイ生地のような感じだけど、
ローストビーフとかには欠かせない
添えものなんだそうだ。

Rules_0906-32.jpg

さて、最後はデザート
さっきのローストビーフ
2人前を3人で食べたのでまだ余裕がある

デザートに注文したものは

 ・フルーツとクラッカー

ではない。

まさいが注文したものはコレ

Rules_0906-33.jpg

ほげっ、なんじゃ、これっ?

ホールケーキサイズのものがでてきたよ。
サービスのおじさんはEat completely !と
言ってウィンクしていった

全部、食べろ(笑)

 ・Cropwell Bishop Stilton Cheese £12.95

これも日本語にすると

 ・Cropwell Bishop社のスティルトンチーズ

予期せず、素晴らしい食品に出会うことが
できた。スティルトンチーズというのは、
イギリス原産のブルーチーズで
『チーズの王様』と呼ばれているらしい

ウィキペディアによると
イギリスのダービーシャー、レスターシャと
ノッティンガムシャーの3つの郡で生産され、
厳格な規定に従って作られたチーズだけが
『スティルトン』と名乗ることができる
らしい!

 ・スティルトンチーズ(ウィキペディア)

Rules_0906-34.jpg

クラッカーに乗せて食べても美味しいけれど
一番あうのはセロリだった
セロリにスティルトンチーズを乗っけて、
めしゃめしゃ食べる。

この丸ごとでてきた、スティルトンチーズ
サービスのおじさんがウィンクして言ったように
もちろん、全部食べてもよい!

とはいえ、食べきれるわけない(笑)

しかし、素晴らしく美味しいので
ゆっくり時間をかけて、ワインをもう一本
あけるつもりで食べればもっともっと
食べられただろうなぁ・・・

Rules_0906-35.jpg

それにしても素晴らしいディナーだったよ

創業220年のレストランといっても
素敵な雰囲気でそんなに堅苦しくない
(男性は上着は着ていった方がいい…)

本格的イギリス料理はとても美味しいし
お値段も比較的リーズナブル。

ロンドンに行ったら、ぜひ立ち寄ってほしいと
みなさんに強く推薦できるお店だね

お隣の席には老夫婦が隣り合って座ってる
西欧では二人で食事するとき
向かい合うのじゃなくて
隣り合う場合が多いんだよね
まさいもそのほうが好き♪

この老夫婦もスティルトンチーズを頼んで
かなり長時間かけて、まさいの3倍くらい
食べてたよ。 すごいね~!


■イギリスの話 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2009年6月 
【店名】 Rules
【ジャンル】 イギリス料理
【住所】35 Maiden Lane, Covent Garden, London WC2E 7LB
【最寄り駅】地下鉄 Covent Garden駅
【キーワード】 ルールズ ローストビーフ Roasted Beaf Roast Beef スティルトンチーズ コベントガーデン ロンドン London
──────────


大きな地図で見る
関連記事
___________________________
イギリス トラックバック(0) | コメント(3)




| TOP |
ブログパーツ