English | Top | RSS | Admin

2015.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2015.08


■ サガインの麺屋さん
2015/07/31 18:59 |
Sagaing_Noodle_1502-101.jpg

マンダレーからサガインへ
乗り合いバスでやってきた

30分くらいで到着する予定が
1時間半もかかってしまった
それでもバスの隣の席にすわった
ミャンマーの若者と友達にもなれたし
とても楽しかったのであっという間だった

Sagaing_Noodle_1502-102.jpg

サガインに着いたのがもうお昼前だったので
まずお昼ごはんを食べようと思う
あらかじめ、このあたりで美味しいお店を
友達のOさん教えてもらっていたので
そこを探して歩く

マーケットの南側の道路沿いに
大きなお菓子屋さんがあって
まずそれを目指していけばいいらしい

Sagaing_Noodle_1502-103.jpg

最初は方角もよくわからなかったが
マーケットの角をまがってしばらく歩くと
ひときわ大きなお店があった!

すごくいろんなお菓子を売っているし
店舗の間口が周りの店に比べてとても広い
ミャンマーではお菓子屋さんをやれば
儲かるのかな?

Sagaing_Noodle_1502-104.jpg

お菓子屋さんを通り過ぎ
Oさんが書いてくれた地図通りにいくと
あったあった

お店の名前はわからないけど
とても美味しいヌードル屋さんらしい
すでにお客さんもだいぶ入っている
もちろんお客さんは現地人ばかりだ

こんにちは〜って
日本語で声をかけながら入っていく

Sagaing_Noodle_1502-105.jpg

店にはいると、すぐそこが調理場だ
東南アジアのお店はこういう形態の
お店が多いよね

Oさんが送ってくれたメモ

 ここがお勧めの麺の店!午後は売切れ注意‼︎
  ①シージェッ
  ②ミーシィェ(①より太い)
  ③ミャンカウスェ+アイェ(汁あり)
  ④サンジィ(太麺)
 の4種類です。

どれも魅力的なんだが、きのう今朝
食べたモヒンガが細麺だったので
太麺を頼むことにした
通じるかどうか不安だが言ってみる

 まさい サンジィください?
 おばちゃん オケオケ

なんといっぱつで通じた(^^)

Sagaing_Noodle_1502-106.jpg

店内はあまり広くないので席も少ない
たまたま、ほぼおなじタイミングで入った
女性二人組が相席をさせてくれた

ミャンマーもこのあたりまでくると
ぜんぜん英語は通じないのだが 
身振り手振りを交えてすこし話をすると
とてもなごやかな雰囲気になってくる
日本から来たというととても喜んでくれた

5分ほどでお料理がでてくる

Sagaing_Noodle_1502-107.jpg

細めのうどんくらいの麺に
いろんな具が乗せられている
そしてとろみのあるスープ
どちらかというと汁なし麺の部類だ

すごく美味しそうだ
アップで写真を撮ったりしてると
相席の女性が可笑しそうにクスクス笑う

Sagaing_Noodle_1502-108.jpg

その彼女にどうやって食べるのか教えてもらう
予想はしていたが、やはりしっかり混ぜて
食べるのが流儀らしい
アジア料理の典型だね

すこし混ぜて、こんなもんかと聞くと
いやいやもっとしっかり混ぜるんだよと
身振り手振りと表情で教えてくれる
アドバイスにしたがってしっかり混ぜる

↑くらいになったところで笑顔でOKがでた

Sagaing_Noodle_1502-109.jpg

ふたりにじーっと見つめられたまま
いただきま〜す

わぁ、すごく旨い

この麺はみかけはうどんのようだが
うどんよりもっとモチモチとしていて
粘りがある。

彼女たちに笑顔で美味しいよと伝えると
すごく喜んでくれる

スープの味付けはモヒンガとはちがう
なんの出汁なのかは全然わからない

Sagaing_Noodle_1502-110.jpg

料理がでてきたときは少なそうに見えたが
けっこうなボリュームだ

彼女たちは途中で先に帰ってしまったが
ゆっくり味わって食べたので
食べ終わるのにすごく時間がかかってしまった

でもとても美味しかったのできれいに完食だ

Sagaing_Noodle_1502-111.jpg

とてもまんぞくなランチだ
お代は700チャット、およそ70円
安すぎて申し訳ない気がする

お店のおばさんにごちそうさまを言って出る

お店のなかは涼しかったが
いっぽ外にでると猛烈な陽射しが待ってる
ミャンマーに行ったのは2月なのだが
この時期は乾季でまったく雨が降らない
空は見渡す限りの青空だ

Sagaing_Noodle_1502-112.jpg

Oさんの地図にも描いてあるが
麺屋の隣にフライドチキンの店がある
マンダレーでもおなじ店を見かけたので
ケンタッキーのようにチェーン店らしい

最初に見かけた時から興味があったので
ちょっとお店を覗いてみた

Sagaing_Noodle_1502-113.jpg

お持ち帰り専門のお店のようだ
店内では高校生くらいの女の子が
ひとりで店番をしている

聞いてみるとひとつでも買えるというので
ためしにひとつ買ってみることにする

 ・フライドチキン 700チャット 70円

うんうん
すこしスパイシーな味付けて
とても美味しかったよ

ヌードルとチキンで満腹まんぷく
とても満足な気持ちでつぎに向かう

──────────
【訪問日】 2015年2月
【店名】  不明
【ジャンル】 モヒンガ、ヌードル
【住所】 サガイン ミャンマー
【最寄り駅】 マーケットから徒歩5分くらい
【キーワード】 モヒンガー サガイン ミャンマー Mohinga Sagaing Myanmar 
──────────


関連記事
___________________________
ミャンマー | コメント(0)


■ マンダレーからサガインへ
2015/07/30 08:28 |
ToSagaing_1502-001.jpg

ミャンマー・マンダレーについて2日目
きょうは用事があって日帰りで
隣町のサガイン(Sagaing)へ行く

ミャンマーなんかで観光以外に
なんの用事があるんだ?と訝るだろうが
その用事についてはまた別の記事に書く

ホテルでサガインへ行ってくると話したら
タクシーで行ったほうがいいと言われて
わざわざ値段を問い合わせてくれた。
しかしかなり高かった(片道2〜3千円)ので
予定通り乗り合いバスで行くことにする。



今朝、屋台のモヒンガを食べに行ったときに
ついでにバス乗り場を調べておいたが
ホテルからけっこう遠いので
そこまでサイカーにのる
サイカーとは自転車にサイドカーつけた
一種のタクシーだ

↑はサイドカーからとったビデオ
けっこうなスピードで走るので気持ちいい

ToSagaing_1502-002.jpg

乗り合いバスといっても
ほんとのバスではなくトラックの荷台に
座席を据え付けたものだ
ラオスのソンテウと同じだ

バスに近づくと愛想の良い兄ちゃんが
手を振って迎えてくれる

荷台の席に座りたかったが
なぜか前の運転席のとなりに座らされる
(あとからわかったが値段が倍だった)

ToSagaing_1502-003.jpg

前席に乗り込んでもなかなか発車しない
15分ほどしてすこし走ったが
また止まってなにかを待っている
たぶん満席になるのを待ってるのだろう

結局、乗り込んでから1時間くらいたって
やっとまともに走り始めた

前を走ってる別の乗り合いバスに
カメラを向けたら、屋根の上の乗客が
派手に手を振ってくれる
ミャンマーの人は陽気で楽しい人が多い

ToSagaing_1502-004.jpg

ちゃんと走り出してからおよそ30分
エーヤワティー川にかかる立派な橋に来た
ここを渡ればサガインだ

サガインに入ったあと
どこで降りたらいいのかわからなくて
もたもたしてたら、このバスを貸切にして
サガイン観光に連れて行ってやるから
このまま乗っておけと言いだして
あやうくどっかに連れていかれるとこだった

ToSagaing_1502-007.jpg

きょうは大事な用事があるから
そんなのに付き合うわけにはいかないのだ

で、お兄ちゃんの誘いを振り切って無理やり
降りた後もこっちに向かって手を振ってくれてる
まさいはこういう人好きだよ

また時間のあるときに観光するからね
ありがとう

訪問日:2015年2月
KeyWord:ミャンマー マンダレー サガイン Myanmar Mandalay Sagaing


関連記事
___________________________
ミャンマー | コメント(0)


■ モヒンガ屋さん マンダレー/ミャンマー
2015/07/28 16:04 |
Mohinga_1502-101.jpg

ミャンマーのマンダレーについて最初の食事

どこの国にいってもそうなのだが
初食事はハズしたくない
ここで失敗するとその国の食事が
すべて不味いものに思えてしまうからだ

とりあえずガイドブックとかで
評判の良さそうなお店をさがす

Mohinga_1502-102.jpg

ここは地球の歩き方で見つけたのだと思うが
こう書いてあった

 ××の通りをしばらく行くと
 赤い看板がみえてくる・・

しかし店名は書いていない
お店の名前くらい書いておいて欲しいなぁと
思いながらチャリを走らせていくと
あったよ、赤い看板が。
そして店名を書いていない理由もわかった
日本人には読めないのだ(笑)

Mohinga_1502-103.jpg

お店にいったのは夕方の4時半ころだったが
数人のお客さんが食べていた
まだまだ暑い時刻だったが
カフェテリアのほうが気持ちがいいので
外の席にすわらせてもらう

頭に白い布をまいたおじさんが
のんびりと食べ物を運んでいる
家族でやっているような感じのお店だ

Mohinga_1502-104.jpg

メニューは何種類かあるかもしれないが
モヒンガしか知らないので

 モヒンガください

とお茶を持ってきてくれたおばさんに頼む
香味野菜とかチリとかレモンとかを
いろいろ持ってきてくれた後
ほどなくモヒンガがとどいた

お〜、旨そうだ!
スープのいい香りが漂ってくる。

Mohinga_1502-105.jpg

モヒンガとはどんなものかと
興味津々で麺を持ち上げてみる
見た目は柔らかいそーめんみたいな感じだ

いただきま〜す

美味しい♩

見た感じ、伸びたそーめんのようだったが
もっちりしていてとても食感がよい

そして、スープの味がまた旨い
なんだかミャンマーの出汁と野菜の味で
どういうものか説明できないがとても美味しい

しゃきしゃきした野菜もいっぱい入っている

Mohinga_1502-106.jpg

ガイドブックには
スープのお代わりをくれると書いてあったが
こちらから頼まなくても入れに来てくれた

ほんとにいろんな種類の野菜が
いっぱい入ってるので健康によいと思う

Mohinga_1502-107.jpg

なんどもスープを入れてくれるので
おなかたぽたぽだけど全部美味しく飲みきったよ

お支払いは1,200チャット、およそ120円

ミャンマーの初食事
安くてとても美味しいものをいただけて満足だ

ごちそうさまでした

Mohinga_1502-108.jpg

──────────
【訪問日】 2015年2月
【店名】  (読めない)
【ジャンル】モヒンガ Mohinga
【住所】 マンダレー ミャンマー
【最寄り駅】 マンダレー駅からチャリで10分くらい
【キーワード】 モヒンガー マンダレー ミャンマー Mohinga Mandalay Myanmar 
──────────



関連記事
___________________________
ミャンマー | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ