English | Top | RSS | Admin

2015.12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2016.02


■ 台湾うまうま珍道中 3日目
2016/01/10 23:11 |
写真をクリック/タップすると拡大されます
Taiwan_digest_1601-157-2.jpg

そして今夜はこのバスで台北に移動する
台南から台北までおよそ300km、4時間半

 ・和欣バス 499元(1,800円)

この距離をたった1,800円ってどんなボロバスかいなと
心配しながらバスに乗り込む

Taiwan_digest_1601-158.jpg


うへぇ~!
なんと、2列席じゃぁないか

飛行機のビジネスクラスよりええんちゃう?
ほんまに台灣ってええとこやなぁ

ちなみにこの夜行バス
まさいは爆睡したが
あとのお二人さんは
興奮のためにあまり眠れなかったらしい

Taiwan_digest_1601-139.jpg

さて、早朝の台北に到着
宿に荷物を置いたあと、さっそく朝ごはんにいく

台北は首都とはいえ
まだまだ日本の昭和の風景が残ってる
その風景のなかを歩いていく

 ■喜多士豆漿店
  台北市中山區民權東路二段71巷15號

早朝6時からやってる、朝食専門店だ

Taiwan_digest_1601-140.jpg

豆漿は各自いっぱい
あと、玉子で巻いた台湾式おにぎり(真ん中)と
揚げパンをクレープうで巻いたみたいなん

とても一般的な台灣式朝食だが
このお店のはちょっとイマイチだった
前回行った『佳香點心大王』のほうが
遥かに旨かった。 ちょっと残念。

Taiwan_digest_1601-141.jpg

台北でもっとも有名な観光地は『九份』だが
その九份の近くに『十分』というところがある
十分と書いてシーフェンと読む

冗談のようだがほんとうだ
台北から列車でおよそ1時間半
大自然に囲まれたのどかな田舎だ



ちょっと長尺だが
↑は平渓線の大華駅から十分駅までの車窓風景だ
台湾の保津峡と言われているだけあって
車窓がとっても楽しい

Taiwan_digest_1601-142.jpg

なぜこんな田舎が人気かというと
列車の線路が商店街そのものみたいになっているからだ
しかも、ほんとうの列車がときどきここを通る

列車がやってくると係員が観光客たちを追っ払うが
列車が通り過ぎるとまた↑のように
線路が遊歩道になってしまう



そして、その線路のうえでは
↑のような光景が繰り広げられている

眺めているだけでもほんとに楽しい

午前中に台北を出発すると
十分(シーフェン)をたっぷり楽しんだあと
夕暮れの九份(チューフェン)にも
十分(じゅうぶん)間にあうのでぜひこちらも立ち寄ってほしい

Taiwan_digest_1601-143.jpg

この日、ぺーさんは別行動だったので
あーさんとのふたり旅だったのだが
じつは十分駅でまさいが列車を乗り間違えて
反対方向に行ってしまった(汗)

そのため、九份へそれぞれの一人旅になった

十分駅から列車とバスを乗り継いで1時間半
到着した九份の老街はあいかわらずの大混雑
日曜日の心斎橋通り並にぎゅうぎゅうだ

Taiwan_digest_1601-144.jpg

老街をしばらく歩くと
見覚えのある懐かしい店の前にやってきた

 ■傳統魚丸

10年前に初めて九份に来た時、
当時、台北在住の食べ友さんが
ここ美味しいんだよって連れてくてくれたお店

意外とお店は混雑していなくて
すこし小腹が空いていたので
軽く食べていくことにした

Taiwan_digest_1601-145.jpg

頼んだものは10年前とおなじ

 ・総合魚丸湯 45元

さすがにお値段は当時より10元値上がりしてたが
お味は10年前とかわらずとっても旨い
美味しいスープも飲み干してカラダも温まる

Taiwan_digest_1601-146.jpg

そしてめざすは
日本のガイドブックにかならず載ってるココ

 ・撮影ポイント

なんの撮影ポイントかは
言わなくてもわかるよね

老街の混雑は台湾人、中国人、韓国人、日本人が
同じ程度の割合だったが
この撮影ポイントにくると99%が日本人

うへ~って感じだ(笑)

──────────
九份から台北市内への帰りは
1062番のバスを使うと乗り換え無しで
台北駅までいくことができる。
しかし、その1062番のバスに乗るためには
長蛇の列に並ばないといけない

その場合、別の方法として
 ・788番のバスで瑞芳(Ruifang)までいく(15元)
 ・瑞芳から台湾鉄道(JRみたいなん)で台北駅にいく(49元)
というルートがある。
両方でたったの64元(230円)だ。

788番のバスにはすぐに乗れるので
九份バス停が混雑してるときはこれがオススメ

Taiwan_digest_1601-147.jpg

さて、788番のバスに乗る直前に
ようやくあーさんと再会でき、台北に無事戻ってきた。
そして、別行動のぺーさんともホテルで合流出来たので
最終日の晩ごはんを食べにいく

最後もやっぱり小籠包がいいねと意見一致したので
人気のこのお店にやってきた

 ■杭州小籠湯包
  台北市中正區杭州南路二段17號

前回、台北に来た時にいったお店の本店だ

Taiwan_digest_1601-149.jpg

なにはともあれ小籠包

 ・小籠湯包 8こ 110元(390円)

めちゃ旨いっ!

Taiwan_digest_1601-148.jpg

つづいては大好きな海老の乗ったコレ

 ・蝦仁焼賣 8こ 170元(600円)

これまた絶品

Taiwan_digest_1601-150.jpg

鼎泰豊とかでもとても美味しい

 ・鶏スープ 100元(355円)

小籠包のお店だとどこでも置いてる
でっかい鶏肉が入ってるよ

Taiwan_digest_1601-151.jpg

この日は時間が遅くて
晩ごはんのハシゴはできそうにないので
どんどん頼む

 ・三鮮鍋貼 150元(530円)

焼き餃子
お肉がいっぱいで大きい
タレもぴりりとして旨いよ

Taiwan_digest_1601-152.jpg

そしてこれも絶品

 ・筍尖鮮暇餃 4こ 110元(390円)

海老とたけのこの入った蒸し餃子

Taiwan_digest_1601-153.jpg

そして〆はこれ

 ・麻辣冬粉(乾) 70元(250円)

から~い春雨
いやぁ、喰ったくった!
ごちそうさまぁ~。


以上で3日目、終了
────────────────────


Taiwan_digest_1601-154.jpg

みなさんの日頃のおこないがいいので
初日から3日目までずっと良い天気
真冬というのに気温も20~25℃くらいで
ほんとに快適な日々だった

最終日は帰るだけ

この日はあいにく朝から雨だったが
バスターミナルまでのあいだだけなので
苦にならず

このあとまた
エバー航空のラウンジで食べまくったが
それは省略する

あーさんもぺーさんも
台灣うまうま珍道中、おつかれさまでした!
関連記事
___________________________
台湾 | コメント(0)


■ 台湾うまうま珍道中 2日目
2016/01/09 23:07 |
写真をクリック/タップすると拡大されます。
Taiwan_digest_1601-114-2.jpg

さて、2日目の行動開始だ

ふつうの人ならホテルで朝食をとるが
われわれ『うまうま隊』はそんなヤワではない

台南出身の友達に台南グルメを教えてもらった時、
台南では朝ごはんに

 ・牛肉湯 か
 ・海鮮雑炊

を食べるのがとても一般的だと聞いたので
どちらにしようかと一瞬悩んだが
両方食べることにした。

まずは

 ■阿村第二牛肉湯
  台南市中西區保安路41號

人気店のひとつ『阿村牛肉湯』の2号店らしい
宿から徒歩でおよそ15分

Taiwan_digest_1601-115.jpg

牛肉湯というのは読んで字のごとし、
牛肉がいっぱい入ったスープだ
大阪で人気の『肉吸い』に近いかもしれない

 ・牛肉湯 大 200元(700円)

牛肉湯にはレアでとても柔らかい牛肉が
たっぷりと入っていて、とても旨い
こんなのを毎朝食べられる台南人が羨ましいぞ

そして牛肉湯のうしろに隠れているのが

 ・牛肉炒飯 100元(350円)

これがまた絶品だ
かなりにんにくが入っていてピリピリするが
にんにくと牛肉のコンビネーションが最高なのだ

Taiwan_digest_1601-159.jpg


喰ったくった、旨かった!
ごちそうさま。


Taiwan_digest_1601-116.jpg

さて、絶品の牛肉湯と炒飯を食べたあと
躊躇なく2軒目に移動する
阿村牛肉湯から徒歩5分くらいのところにある
おかゆのお店

 ■阿忠鹹粥
  台南市中西區民族路二段262號

お店は大きいが
老夫婦がきりもりする海鮮粥の店だ

Taiwan_digest_1601-117.jpg

注文したのはサワラのお粥
サワラの身がたっぷりはいってて
そして小さいけれども牡蠣も入っていた

絶妙の塩梅でめっちゃ旨かった

Taiwan_digest_1601-118.jpg

これは隣の席のひとが食べていて旨そうだったので、
教えてもらって注文した一品

台灣で超人気のサバヒー(虱目魚)という魚のかぶと煮
これがまた旨い

小さいので身を取るのが大変だったが
3人が6本の箸であっというまに完食

Taiwan_digest_1601-119.jpg

朝ごはんハシゴはまだ終わらない

お粥の店から徒歩15分ほど
ぶらぶらとやってきたのはここだ

 ■矮仔成蝦仁飯
  台南市中西區海安路一段66號

1922年創業、日本統治時代からつづく
海老ごはんの名店だ

Taiwan_digest_1601-120.jpg

これが海老ごはんだ

 ・蝦仁飯 45元(160円)

海老のだしで炊いたごはんのうえに
しっかり味付けされた海老がいっぱい

毎朝、高雄の港から仕入れてくる
とても新鮮な海老を惜しみなくつかっている

いやぁ、この海老ごはんも旨かった
これなんか日本でも簡単に真似られるし
人気出ると思うのだが・・

Taiwan_digest_1601-121.jpg

そして、汁物をひとつ
はまぐりのスープを頼んだ

 ・蛤仔湯 30元(100円)

こちらもあっさりしていて
そしてはまぐりの身がたっぷり入っていて
ほんとに旨い


朝ごはんのハシゴ
3軒もまわったが、どれもほんとに旨かった
量が控えめのサイズを3人でシェアしたので
ちょうどいい感じ、腹八分目だ

Taiwan_digest_1601-122.jpg

たっぷり朝食をとって、みんな満足まんぞく
少しくらい観光をしようということで
台南の観光地を巡ってくれる市バス(99番)に乗った
この観光用市バスの1日券が80元、およそ280円
これまた安いねぇ。

バスに乗った途端、まさいは居眠りをしてしまう
しばらくして起こされて、とび降りたところが↑ここ
なにやら立派な建物がある。

Taiwan_digest_1601-123.jpg

その辺りをウロウロしてたら
マングローブの森に囲まれた川下りの船を見つけた
なんか、みんなめっちゃ楽しそうに乗ってるので
我慢しきれず、行列に並んで乗ることにする

 ・竹筏港緑色隧道 遊覧船 200元(710円)

台灣にしてはけっこういい値段だったが
すごく楽しめたよ

Taiwan_digest_1601-124.jpg

そのあと行ったのがここ

 ・安平樹屋 入場 50元(180円)

なんか木に占領されてしまったお屋敷
すごい迫力だ

Taiwan_digest_1601-125.jpg

さて、話は夜に飛ぶ

この日、観光がけっこう楽しかったので
ちゃんとしたお昼ご飯を食べる時間がなかった
『うまうま隊』としては大失態である

なので、このあと夜市に行くのだが
その前に豪華粽(ちまき)で腹ごしらえする

Taiwan_digest_1601-126.jpg

行ったお店はここ

 ■再發號肉粽
  台南市民權路二段71號

清の時代から日本統治、台湾光復を経て現在に至るまで
1世紀以上営業を続けてるらしい

Taiwan_digest_1601-127.jpg

海外に住む台湾人が台湾に戻ってきた時に
必ず行きたいと思っているお店だ
一般的な肉粽は50元だが
3人でシェアするのでいちばんいいのを注文する

 ・特製海鮮八寶肉粽 150元(530円)

台灣飯としてはけっこういいお値段だが
これまたすごい大きさで
しかもすごい内容の具が入っている

これはほんとに旨かった
お土産で日本に持って帰りたかったぐらいだ

Taiwan_digest_1601-128.jpg

そして、タクシーに乗って夜市に行く
15分ほど乗って115元(400円)だ
台灣はタクシーも安いね。

 ■花園夜市

到着してびっくり
台北の有名夜市よりはるかに規模がでかい
士林夜市とはちがって空き地に屋台がびっしり並んでる
実質の規模では台灣一じゃなかろうか?

Taiwan_digest_1601-129.jpg

人混みを押し分けへしわけ前に進む
そして、旨そうなものを見つけたら
かたっぱしから食べてみる
まずはこれ

 ・旗魚黒輪(カジキの練り物)15元(55円)

鹿児島の天ぷらみたいなものだ

Taiwan_digest_1601-130.jpg

これはペーさんのオススメの一品
香港で人気な食べ物らしい

Taiwan_digest_1601-131.jpg

 ・鴨血+魚蛋 小碗 60元(220円)

茶色いのが鴨血
生臭いのかとちょっと心配したが
全然そんなことなく、食感もとても良い
どこかで見つけたらぜひ試してほしい

丸いのは魚肉団子
これは普通に旨い

Taiwan_digest_1601-156.jpg

花園夜市の通りはこんな具合だ
前に進むのが大変

ここではぐれるともう再会は不可能なので
3人団子になって必死で突進する

Taiwan_digest_1601-132.jpg

お次はこの屋台だ

Taiwan_digest_1601-133.jpg

魚丸が魚肉団子なので
肉丸は肉団子かと思って頼んだ

 ・員林肉丸 40元(140円)

が、だいぶ違うものだった
どういうものか言葉で説明できない
味はまあまあ旨い

Taiwan_digest_1601-134.jpg

そして同じ店にこんなのがあったので
ついでに注文する

 ・大腸麺線 50元

これは見ての通り、にゅうめんみたいなものだ
めちゃ柔らかいので食べるのが大変
これもけっこう旨い

Taiwan_digest_1601-135.jpg

こちらはビーフンだ

一つくらい味や食感が予想できるものを
食べてみたかったので
まさいがおねだりして買ってもらった

Taiwan_digest_1601-136.jpg

これは予想どうりの味と食感

 ・炒米粉 30元(105円)

すごくウマウマで大まんぞくだ

Taiwan_digest_1601-137.jpg

夜市には食べ物ばかりじゃなくて
ゲーセンみたいなのもいっぱいある

これは子供用のパチンコというかスロットというか
そんな感じのゲームだ

これに立ち向かう子供達の真剣な眼差しと熱気
すごいよ

Taiwan_digest_1601-138.jpg

そしてこちらは
ゴルフボールを転がして
色の付いているところに止まると
なんか景品をもらえる

パチンコに比べてかなりのどかなゲーム
見ているあいだ、いちども景品ゲットはなかった

こうして花園夜市を徘徊し
お腹もいっぱいになったので
またタクシーに乗って宿に帰る

以上で2日目、終了
関連記事
___________________________
台湾 | コメント(0)


■ 台湾うまうま珍道中 1日目
2016/01/08 12:00 |
 写真をクリック/タップすると拡大されます。
Taiwan_digest_1601-101.jpg

まさいが海外に遊びにいくときは
いつも一人旅なのだが
今回、食べ友のたっての希望で
3人で台灣うまうまツアーにいくことになった

ツアーメンバーは

 ・あーさん 50代  男子
 ・ぺーさん 年齢不詳 女子
 ・まさい

の3人だ

Taiwan_digest_1601-102.jpg

ちなみにあーさんは50にもなって
いちども海外に行ったことがないという猛者である
どうなることやら、行く前から先が思いやられる
珍道中になることまちがいなしだ

旅のルートは

 関空 → 高雄 → 台南(泊)
   → 夜行バス → 台北(泊) → 関空

の3泊4日
この間になんど旨いものを食べられるのかに挑戦する

フライトはエバー航空
もちろんエコノミーだが、けっこう旨いランチが供された
あとに備えて、食べ過ぎないよう注意する

Taiwan_digest_1601-103.jpg

高雄空港には午後3時前に到着
まずは海外で必需品になりつつあるSIMカードを購入する

まさいはSIMロックフリーのiPhoneを使っているので
現地のSIMをゲットすれば千人力だ
去年の6月にも台灣に来て、
そのときのSIMが残っていたが
値段が安いので新規に購入する

 ・中華電信 4G 5日間ネット使い放題
       通話付き 300元(およそ1,100円)

1日200円だ。ほんとに安い
いや、日本が高過ぎるのか?

Taiwan_digest_1601-104.jpg

高雄空港からMRTで高雄市内に出る。

このまま台南に直行してもよかったのだが
せっかくなので、まずは高雄グルメを楽しむことにする

Taiwan_digest_1601-105.jpg

MRTの鹽埕埔(ヤンチェンプー)駅から徒歩5分くらいのところ

 ■金温州餛飩大王
   台湾高雄市鹽埕區新樂街163巷1號

餛飩(わんたん)が美味しいので有名なお店らしい

Taiwan_digest_1601-106.jpg

ここでいきなりまさいは失敗をした

このお店の人気の餛飩だけを食べるつもりだったのに
メモに『ワンタン麺』と書いていたので
うっかりワンタン麺を注文してしまったのだ

 ・餛飩麺 70元(250円)

ここの餛飩は日本の小さな餛飩とはちがい
小さな焼売くらいの大きさがある
これがまたモチモチしていてほんとに旨い
それにくらべて麺はそれなりだ

もっとしっかりと餛飩を楽しみたかったよ
いや~、ほんとに残念無念!

ここでは3人とも同じものを注文したが
それではいろんなものを食べられないことが発覚
今後は各種料理をひとつずつ注文して
みんなでシェアすることを固く誓い合う。

Taiwan_digest_1601-107.jpg

さて、とりあえず
高雄で台灣初グルメを楽しんだ3人は
自強號に乗って台南をめざす

Taiwan_digest_1601-108.jpg

駅の切符売り場で台南3枚というと
なにも指定しなくても自強號の切符を
発行してくれた
自強號というのは特急のことらしい

 ・高雄駅 → 台南駅 106元(およそ380円)

特急に30分も乗るのにたった380円
安いやんか!

近鉄特急で難波から奈良まで行くと
同じくらいの時間なのに運賃と特急券で1,070円もかかる
台灣っていいとこだねぇ!

Taiwan_digest_1601-109.jpg

台南駅に到着後、ホテルにチェックインしたあと
さっそく夜ご飯1軒 目をめざす
ホテルから歩いて15分くらいのところ

 ■上海華都小吃點心城
  台南市民権路二段28号

台灣に来たら
なにはともあれ小籠包
上海系のお店というのが
ちょっと気になるが、期待して入る

Taiwan_digest_1601-110.jpg

台灣啤酒でカンパーイしたあと
さっそく、小籠包だ
注文して3分くらいででてきた(笑)

いっただっきま~っす!
やっぱり安い、旨い、早い

 ・小籠包 7こ 80元(280円)の蒸籠を3段

Taiwan_digest_1601-155.jpg

そしてつづいて

 ・剥き海老辛子炒め 215元(760円)
 ・青椒肉絲 165元(590円)
 ・五目あんかけチャーハン 75元(270円)

どれも旨かった。

もっと食べられるが
おなかにちょっと余裕を残して店を出る

余談になるがこの店の店員のおばさんの
愛想が悪かったらしく、
このあと、ことあるごとにあーさんが
あの店の店員の態度は・・・と
しつこく言い続けることになる(笑)
まさいはぜんぜん気にならなかったんだけど。

Taiwan_digest_1601-111.jpg

台南に来たなら、ここは外せない
台灣全土で人気のお店

 ■度小月 原始店
  台南市中正路16号

『擔仔麵』の発祥の地だ
看板には原始店とかいてある。
とてもわかりやすいよね。

まさいは台北のお店に数回いったことがあるが
やっぱり台南の本店に行きたかったので
とても嬉しい

Taiwan_digest_1601-112.jpg

ここでは3人同じのを注文した

 ・擔仔麺(担仔麺) 50元(180円)

日本語読みすると、タンツウメン
台湾語読みすると、ダンザイミェン

量がすくないのであっというまに平らげる

ここでまた失敗
名物の滷蛋(煮玉子)を乗せてもらうのを忘れた

Taiwan_digest_1601-113.jpg

度小月を出たあと
とてもよい雰囲気のここに立ち寄った

 ■林百貨

1932年、日本の統治時代に
林さんが建てた百貨店だ
それが第二時大戦に空爆され廃業したのだが
2014年に復活したらしい。

当時の面影を最大限残した
とてもよい雰囲気の雑貨屋さんになっている

以上で1日目、終了




関連記事
___________________________
台湾 | コメント(0)




| TOP |
ブログパーツ