English | Top | RSS | Admin

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08


■ Siem Reap - Phnom Penh バス旅
2013/06/19 08:16 |
SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-201.jpg

シェムリアップでのとても密度の高い
そして充実した2日
は終わって
きょうはバスでプノンペンに移動する

タケオGHで手配をおねがいしたところ

 ・NEAK KRORHORM VIP BIG BUS

という会社のバスに乗ることになった

ベトナムのバスも安かったが
カンボジアのバスもとても安い
プノンペンまでおよそ7時間
この距離を乗って運賃は6ドル

チケットにはこんな立派な
2階建て風のバスの写真が載ってるが
ほんとにこんな立派なのが来るのか?

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-202.jpg

バスの出発は朝8時だが
7時にゲストハウス前でピックアップ
そして、郊外のバスターミナルで乗り換える

乗り換えるバスを見てびっくり
ちゃんとチケットに写ってるのと
同じような2階建て風バスやん!

2階建てだが1階は荷物を積むスペース
窓がないので、きっと座席はないんだろう

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-203.jpg

こちらがバスの運転席
ベトナムの長距離バスと雰囲気は同じ
どこ製のバスかを確認しなかったが
なんとなくヒュンダイ製のイメージ

運転手さん、安全運転でお願いしますね

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-204.jpg

まさいの席は18番
バス中央あたりの左窓側席

そこから前を見るとこんな感じ
2階建てバスなので一番前は
とても景色がよく見えて楽しそうだ

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-205.jpg

後ろを振り向くとこんな感じ
座席幅もゆったりしているし
柔らかくて座り心地がいい

まさいが乗車してすぐの写真なので
空席が目立つが、発車する頃には
ほぼ満席になった

乗客は大半が欧米の観光客かと
予想していたが、意外にもほとんどの
乗客は地元のカンボジア人のようだ

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-206.jpg

ゆったりした座席なので喜んでいたら
まさいのとなりに座ったのは
親子連れの二人
小学校低学年くらいの男の子が
あいだに座ったので、急に窮屈になった

最初は、窮屈でいやだなぁと思ってたが
行儀のよい親子だったのでその窮屈さも
だんだん気にならなくなってきた

カンボジアではこういうのが普通なんだろう
と考えるとこれも旅の楽しさの一つになる

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-207.jpg

バスでも列車でもそうだが
まさいは車窓を眺めてるのがとても好きだ
この日は7時間以上乗ったわけだが
窓のそとを見てるとぜんぜん飽きない

ここからは何枚か車窓の写真を紹介する
まずこれはシェムリアップを出てすぐの
あたりの南国風の木に囲まれた家並み

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-208.jpg

シェムリアップを出発してから
3時間くらい経ったころ
バスはずっとどこかの川と
付かず離れずして走っている

左手前の道路標識には
赤黒の車が並んで書いてあるが
なにを意味しているのか?

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-209.jpg

川の名前はわからないが、川を渡る橋
手前の橋のアームは鉄骨
向こう側の橋はコンクリートでできている感じ


SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-210.jpg

シェムリアップとプノンペンのあいだは
ほとんどが田舎の風景なのだが
たまにこういった街がある

こういうところにはたいてい
小さな公園や市場のエリアがある

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-211.jpg

バスは途中で数回休憩するが
ここはその休憩場所の一つ

 ・Lay Kim Seng Restaurant

というちいさな食堂

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-212.jpg

食堂にはいると
いろいろといい匂いの鍋が並んでるが
なにをどうやって注文すればよいのか
全くわからないしことばも通じない

まだ、お昼前でそんなに空腹ではないので
ここで注文するのは断念

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-213.jpg

店内をうろついてると
豚まんがあった!

これなら注文できるよ♩

 ・カンボジア豚まん 2000リエル 50円
 ・Angkolビール   3000リエル 75円

ここでも缶ビールかったら
ストローをつけてくれた(笑)
どうやら、カンボジアでは
缶ビールをストローで飲む習慣らしい

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-214.jpg

これは次の休憩地で見かけた光景
となりに駐車していたバスの
後ろをあけてなんかやってるので
覗き込んでみたら、なかにだれか入ってる

どうやらエンジンの調子がわるいので
点検か修理をしているようだ

バスの外ではほかの人が
エンジンのシリンダーを分解していた

日本ではこんなの見たことないが
こちらではよくあることなのだろうか?

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-215.jpg

途中で最前列のお客さんが降りたので
うれしがりのまさいは空いた最前列に移動

いやぁ、前方の風景をふんだんに見ることが
できて、めっちゃ楽しい
テーマパークの乗り物よりも
バスの最前列の風景の方が
100倍くらい満足感あるよ

もう、かなりプノンペンに近づいてるが
このあたりから道路拡張工事をしている

場所によって拡張の広さはちがうが
ここは3倍くらいの幅にするらしい
いまは片側1車線(車線は描いてないが)
だから、完成すると片側3車線になる

シェムリアップではさほど車は多くないが
プノンペンにいって車の多さに驚いた。 
急激な経済成長の為に道路インフラが
車量増加について行けてない

だからいま必死になって道路を拡張している

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-216.jpg

車の増加に加えて、電線の量も増える

空中の電線というのは景観を台無しにする
最大の要因だが、逆にこれがあると
都会にやってきたという気分になるね

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-217.jpg

さっき短時間だが
カンボジア特有のスコールが降ったので
フロントガラスが濡れている

しかし雨がやむと、
高い気温と強烈な日差しで
道路はあっという間に乾く

このあたりにくると
もうまもなくプノンペンっていう感じの
光景になってくる

SiemReap_PhnomPenh_Bus_1306-218.jpg

シェムリアップを出発して8時間
午後3時頃に予定よりおよそ1時間遅れで
プノンペンに到着した

到着したのはちいさな公園の前
すこし向こうにオールドマーケットが見える

そして、ラッキーなことに
この日泊まる予定のホテルは
バスターミナルから徒歩5分ほどの
ところにあった。

おんぼろバスでボコボコ道を走るという
バス旅を予想していたのだが、
まったく杞憂におわったよ

バスは快適
道路もきれいに舗装されているので
ぜんぜん苦痛など感じない
バスの車窓も満喫できたし
ほんと、バス旅は楽しいね!

■訪問日:2013年6月
■Key Word:カンボジア シェムリアップ プノンペン Cambodia Siem Reap Phnom Penh

■カンボジアの話 ぜんぶ



                
関連記事
___________________________
カンボジア トラックバック(0) | コメント(0)


<<■ Das Wirtshaus フランクフルト | ホーム | ■ Rina Rino Resutaurant / Siem Reap>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510sekai.blog.fc2.com/tb.php/160-729dcf48
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ