English | Top | RSS | Admin

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12


■ 九分茶坊 台湾・九分
2006/12/06 00:48 |
DSCF2719_mosaic.jpg

台湾の九イ分(九分)は、千と千尋のモデルになったことで有名なんだ
そういえば、この細い道に面した料理屋で、
千尋の両親が食べてブタになってしまったお料理…
あれ、台湾料理っぽかったよね~

さて、この九イ分には、あういう脂ぎったお料理を出す
お店ばかりじゃなくって、すごくセンスのよい喫茶店もあるんだ

■九イ分茶坊

DSCF2688.jpg

あの有名なお茶、『東方美人』をいただけるお店です。
九イ分はむかし金が産出したので、
当時はゴールドラッシュですごく栄えたところなんだ。
そのころの代表的な洋館です。

DSCF2691.jpg

これは当時、囲炉裏をはさんでお食事をした長テーブルだね
元お金持ちの邸宅なので、店内はとても落ち着いた雰囲気です♪

さて、お目当てのお茶

■頂級北埔東方美人 800元(約3000円)

DSCF26921.jpg

えっ、いつもよりゼロがひとつおおい?
げーっ! 高い。
台湾にきて、一度も『高い』なんて思ったことなかったんだけど
さすが、超高級茶だけあって、すごい値段するねぇ(^_^;)

あとからわかったんだけど、これはお茶一袋のお値段
残ったお茶は持って帰ってのめるから、日本人価格なら
そんなに高くはないよ。 
でも現地のひとにとっては高いだろうなぁ…

DSCF26941.jpg

テーブルにはそれぞれ小さな火鉢と可愛い土瓶がおいてあって
ここでお湯を沸かしながら、お茶をいれるんだ

お茶器セットはこんな感じでたくさんの器がでてくるので
最初はむずかしそうに感じるんだけど、じつは簡単。

DSCF27031.jpg

・あらかじめ、3つの器をお湯で温めておく
・右端の器にお茶っぱをいれて、お湯を注ぐ
・そのままにすると、お茶が出すぎるのですぐに
 となりの器にうつす
・東方美人はすこし冷めたほうが味わいがあって美味しいので
 さらにとなりの器にうつして冷ます。
・最後に湯飲みにいれていただく

すぐに飲み頃です♪

DSCF2701.jpg

とっても楽しみにしていた『東方美人』
とってもすてきな味わいです。
お茶うけにはこれをいただきました。

■凍頂茶梅(凍頂茶葉漬け梅)

こちらも微妙な甘さと梅の味のコンビネーションが最高だよ!
となりの席では台湾の若い人たちが談笑してます。

DSCF2697.jpg

中国茶はなんどもなんども入れることが出来るので
こうやって、お茶を飲みながらゆったり楽しむことができて、いいねー!

DSCF2708.jpg

このお店にはデッキのような場所があって
そちらでもお茶をいただくことができるんだ
そこからの眺めがまたとっても素晴らしい
ここからみると、九イ分ってとっても山なんだねぇ~

のんびりと東方美人を楽しみながら小一時間
ゆったりした時間を過ごしてきました♪

==========
【訪問日】 2006年11月 
【店 名】 九イ分茶坊
【ジャンル】茶店
【住 所】 台北縣瑞芳鎮基山街142号
【最寄駅】 基隆客運の金瓜石行きバスで九イ分か、その次のバス停
【電 話】 +886-2-2496-9056
【営業時間】不明
【定休日】 不明
【キーワード】 台湾 台北 九分
==========

関連記事
___________________________
台湾 トラックバック(0) | コメント(2)


<<■ 胡椒餅 福州世祖 台北・饒河夜市 | ホーム | ■ 阿蘭 草仔果 台湾・九分>>
Comment
--------------------------


おぉ~、私も同じものを飲んでます!!
小ニ時間くらいいたような・・・?
レトロで落ち着いたお店ですよね。
皆さん日本語が上手でした。
by: petit-tomato 〔2006/12/11 23:14〕 URL [ 編集] |
--------------------------


Petit-tomatoさん
へぇ~、同じのを飲まれてたんですね。美味しかった。
あの雑踏から扉をひとつ越えると、ほんと落ち着いた空間が
ひろがってますよね~
なんだか不思議な感じでした。
そそ、みなさん日本語じょうずだし、女性はみんなすっごく可愛い(*^_^*)
by: まさい 〔2006/12/11 23:41〕 URL [ 編集] |
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510sekai.blog.fc2.com/tb.php/171-2cbdc1d7
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ