世界の知らない街を歩いた日々

まさい  

まさい  

Wat_Lokayasutha-101.jpg

こちらにおられる涅槃仏は

■Wat Lokayasutha

ただしくは、
ワット・ローカヤスターラーム (วัดโลกยสุธาราม) という
寺院の廃墟の涅槃仏である。
寺院は後期アユタヤ王朝中期に建設されたもので
他のアユタヤ寺院と同じく、ビルマ軍により破壊された


Wat_Lokayasutha-102.jpg

この涅槃仏
全長は57.7メートル、高さは8メートルもある
巨大な涅槃仏だけど、お顔はとても優しい感じで
気持ちが癒される

そして、前には子供のお釈迦様のような
小型の涅槃仏も横たわってる

ところで仏教の知識のないまさいは
涅槃仏ってなんだろうと思って
WikiPediaで調べてみた。

Wat_Lokayasutha-103.jpg

WikiPediaから引用】
釈迦の像には、誕生時の像、苦行時の像、
降魔(ごうま。悟る直前)の像、説法している時の像など
いろいろなものがあるが、
大別して立像・坐像・涅槃像の3種類がある。

一説に
立像はいまだ修行中で悟りを開く前の姿、
坐像は修行して悟りを開かんとしている時
(あるいは開いた直後)の姿、
そして涅槃像はすべての教えを説き終えて
入滅せんとする姿を顕すとされる。

Wat_Lokayasutha-104.jpg

また涅槃像には、目が閉じているものと、
目が開いているものがあり、目を閉じた涅槃像は、
既に入滅した姿で、目が開いている涅槃像は
最後の説法をしている姿を顕しているといわれる。
【引用終り】

ワット・ローカヤスタの涅槃仏は半眼である
なのでまさに入滅まじかのお釈迦様の姿なのかな

広大な広場に横たわる
ワット・ローカヤスタの涅槃仏に
しっかりお参りしてきました。


タイの話 ぜんぶ
  

関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 2

There are no comments yet.
まさい  
てすと

テスト

2012/10/21 (Sun) 17:41 | EDIT | REPLY |   
まさい  

テスト

2012/10/25 (Thu) 12:49 | EDIT | REPLY |   

Comment welcome !