English | Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


■La Taverne du Nil レバノン料理 フランス・パリ
2006/08/26 18:05 |
0608240022.jpg

花のパリ、最後の夜 今夜はなにを食べようか…
もう一度、本場のフレンチ? それとも…
いろいろ迷った末、ここでしか食べられないものに決めた

■レバノン料理

最近、東京にはお店できたらしいけど、大阪では見たことない
そもそも、レバノン料理ってなんや?
さすが、パリだね。 レバノン料理店だけでもけっこうあるらしいよ

■La Taverne du Nil(ラ・タヴェルン・デュ・ニル)

0608240021.jpg

場所はサン・ルイ島の閑静なところにあるよ。
メトロM7のPont Marie駅から徒歩10分くらい
右側の真ん中あたりでランプが光ってるところが目的のお店

店頭にメニューが貼りだしてあるけど、なにが名物なんだろう?
眺めてると、ちょっとだけわかってきたよ。
『MEZZE(メッツェ)』という前菜系がいっぱいある。
でも、一皿の料金がけっこうするので、すごいボリュームで
でてきそうなんだ。
前菜だけでおなかイッパイになったらいやだから、MENUにすることにしたよ。
MENUは22ユーロから34ユーロまで3種類

■No2-MENU DEGUSTATION & VINS LEBANAIS 34ユーロ

おおっ! No2 MENUにはどうやらレバノン・ワインがついてそう♪
これに決めた!

0608240035.jpg

まずはアペルティフにKirがでてきました♪
それに付きだしとして、オリーブとピクルス

0608240038.jpg

この緑色のとうがらし風のやつはメチャ辛そうだったので
注意しながら端っこをかるくかじってみると、それだけで
口のなかが燃えそうになったので、やめたよ(笑)

そして、生野菜が一皿でてきたよ。
右側の赤いのはちょっと細長いはつか大根

0608240041.jpg

この生野菜けっこう美味しいので、むしゃむしゃ食べてたら
お店のおじさんやってきて、
『これはアペタイザーだよ。 お料理はこれからでてくるからね!』
ってわざわざ断りにきてくれたよ。
コースが始まってると勘違いして、ガツガツ食べてるように見えたのかな(笑)

さて、さいしょのディッシュはMezzeと呼ばれる前菜の盛り合わせ

0608240051.jpg

レバノンで会食すると、テーブルいっぱいにこのMezzeが並ぶらしい
冷たい野菜料理から、熱い肉料理のようなものまでいろいろあるんだって。

いろいろ説明してくれたけど、よくわからない…

・左上の白いペーストはひよこ豆のピュレ
・そのしたのペーストもなにかの豆のピュレ

このふたつのピュレはとても美味しいけど、
これだけを食べるとちょっとクドイ
きっと薄いパンにはさんで食べるんだろうな

0608240061.jpg

この3種類並んでる揚げ餃子のようなものは
それぞれ中に違うお肉のミンチがはいってる
たぶん、羊・牛・鶏 だとおもおうんだけどな

丸くて上に白いソースがかかっている料理の断面図がこれ

0608240064.jpg

これは熱々。 いちばん美味しかったよ♪

0608240075.jpg

これはオクラと玉ねぎと豆をトマトソースで味付けしたもの
とても美味しい♪

0608240055.jpg

これは(たぶん)TABOULEHと呼ばれるレバノン料理の代表的な
メニューの1つで、パセリのサラダ。細かく刻んだパセリや
トマト、オニオンをレモンとオリーブオイルで味付けしたもの
ひじょーにおいしかったです。 これはもっとたくさんあっても食べられたな(^_^)/

0608240058.jpg

この前菜群といっしょに楽しんだのがこれ。
そう、レバノン・ワイン。 赤とロゼがあったけど、きょうはロゼにしたよ!

0608240066.jpg

ほら、ちゃんと、『PRODUCT OF LEBANON』って書いてある。
こんなのなかなかのむ機会ないよ~!
とても爽やかな味で美味しかったです。

この盛りだくさんの前菜を最初みたとき、『わー、食べきれない…』
って思ったけど、ワインといっしょにゆっくり味わいながら楽しんでたら
けっこうおなかに入るもんだね♪
全部食べちゃいました(^_^)/

さて、おつぎはメイン料理

メニューを見ると
 ‐Agneau (skewered lamb, charcoal grilled)
   ラムの串 炭火焼き
 ‐Poulet marine (skewered marinated chicken)
   味付け鶏の串焼き
 ‐Kafta (Minced lamb with parsley and onion)
   ラムの挽肉 パセリと玉ねぎ入り

と書いてあったので、ひとつ選ぶのかと思ったら
全部ついてるって! めちゃ嬉しい♪

0608240078.jpg

これがメインディッシュです。
この写真だとよくわからないけど、薄いパンの下に
お肉3種が隠されてます。
これはどうやら肉が冷めにくくするための工夫らしい

こちらが肉3種をすこし引きずりだしたところ
左から、鶏 ラム挽肉 ラム炭火焼き

0608240085.jpg

ラムといっても最近日本で流行のニオイのないものではなく
ラム臭ぷんぷんのもの。 柔らかくってすっごく美味しいです!

そして、まんなかのラム挽肉を固めて焼いたものが
とてもジューシーで香ばしくて美味しかったね♪

鶏もパサパサしていなくて、ベリグッド!

0608240082.jpg

こちらはラムの挽肉の入った焼きめし。
これもけっこう美味しかったです♪ 適量だし!

ワインはこんなかわいいグラスでいただきます。

0608240094.jpg

向こうに見えるのは各テーブルに飾ってあるサボテン
レバノンにはサボテンが生えてるのかな~?

さて、いよいよ最後のデザート

0608240097.jpg

まあ、これは普通でした。
フレンチのスィーツに比べるとちょっとイマイチかな…

さいごの飲み物はこれ
レバノンの名物の『メンティー』と呼ばれるハーブティー

0608240103.jpg

ちょっと甘いのが意外だったけど、爽やかな香りで美味しかったです。

お店に入って、約2時間ほど
パリでの最後の夜の食事をとっても楽しめたよ!
フレンチとはまったく違う趣向のお料理
聞いたことのない材料と、見たことのない料理の盛りつけ
味も雰囲気も良かったぁ~

パリに来たらやっぱりまずはフレンチだけど
時間に余裕があったり、フレンチ食べ過ぎて飽きてきた~
っていうときには、ざひこちらお薦めです!

0608240116.jpg

最後にこちらは、夜のセーヌ川
夜でも遊覧船が走ってるよ。
ロマンチックな雰囲気だね~!


──────────
【訪問日】 2006年8月 
【店 名】 La Taverne du Nil(ラ・タヴェルヌ・デュ・ニル) 
【ジャンル】レバノン料理
【住 所】 16-18, rue le Regrattier, Paris
【最寄駅】 メトロ7 Pont Marie駅
【電 話】 01 40 46 09 02
【営業時間】12:00-23:00
【定休日】 無休
【キーワード】 フランス レバノン Liban Lebanon
──────────


View Larger Map
関連記事
___________________________
フランス トラックバック(0) | コメント(0)


<<■パリのあまり美味しくないディナー フランス・パリ | ホーム | ■パリの朝食(2日目)♪>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://510510sekai.blog.fc2.com/tb.php/250-a9700be1
FC2blog user only


| TOP |
ブログパーツ