世界の知らない街を歩いた日々

まさい  

まさい  

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by
ブログパーツ

まさい  

まさい  

ComGa_A_Hai_1306-101.jpg

ダナンの最後の日
昼過ぎから寝台列車でホーチミンに
移動するつもりだったのに
予想に反して満席で乗れず
夜遅くの飛行機でいくことになった

それで予定していなかった
晩ごはんを食べれることになったので
ちょっと早めに行くことにした

ComGa_A_Hai_1306-102.jpg

ダナンで鶏ごはんの旨い店が
あるとどこかで読んだので
そこを目指して行く

 ■Quán Cơm Gà A.HẢI

というお店
場所はホテルからチャリで5分くらい


ComGa_A_Hai_1306-103.jpg

お店はわりと簡単に見つかった
交差点の角っこにあって
店頭のガラスケースには
旨そうな鶏がいっぱい吊られてる

しかし鶏はいっぱいあるが
食べるスペースがなさそうだ
どうしたらいいか店の女子に聞いてみた

 まさい 鶏たべたいんだけど
     ここで食べられますか?
 女の子 あっち

と道路の向こう側を指差す

ComGa_A_Hai_1306-104.jpg

指差されたほうを見ると
あはは、ちゃんとあるやん(笑)

道路をはさんだ向こう側に
同名の食堂があって
いっぱいテーブルが並んでる

ComGa_A_Hai_1306-105.jpg

時間は夕方の5時ころだが
まだまだ日は高く、とても暑い

時間が早いのでお店はガラガラ
端っこのほうに座って
道路を行き来するバイクや
人々を眺めながらビールを飲む

なんだか、とっても優雅な気分

ComGa_A_Hai_1306-106.jpg

しばし待ってると
若い男の子が
鶏ごはん一式をはこんで来てくれた

 ・Cơm Gà

Cơmはごはん、Gàは鶏
まさに『鶏ごはん』


ComGa_A_Hai_1306-107.jpg


 わぁ、美味しそう!

と、つい独り言を言ってしまう

いやぁ、それにしてもこの鶏
旨そうな色をしている

そして、ごはんも綺麗なオレンジ色
どんな味付けなのか?
見てるだけでワクワクしてくる


ComGa_A_Hai_1306-108.jpg

葉っぱがいっぱい入った
スープがついてきた

鶏ガラのスープに
優しい味付けをして
ベトナムの葉っぱがいっぱい

まずスープを一口飲む

 旨い!

ComGa_A_Hai_1306-109.jpg

これは鶏をつけて食べるんだろう
甘辛くてとても上品な味


ComGa_A_Hai_1306-110.jpg

じゃあ、さっそく
いっただっきま〜す!

 旨いっ!

めちゃ旨いよ、この鶏もごはんも

最初は上品に
お箸で鶏の身をほぐして
食べ始めたが
だんだんめんどくさくなってきて
鶏を手で持って食べることにする

ぱりっとした鶏皮の焼き具合といい
しっとりとしたもも肉といい

そしてなんだかわからないけど
微妙につけられてる
お肉の下味が最高だ

綺麗な色のごはんは、色は違うが
サフランライスのような感じ
ほのかな香りがしてでしゃばらず
鶏の旨味をさらにひきだしてくれる

ComGa_A_Hai_1306-111.jpg
 
いやぁ〜!
めちゃめちゃ旨かった♪

途中でラルービールをおかわりする
鶏も旨い、ごはんも旨い
ラルービールもとても旨い

鶏ごはんとビール2缶で67Kドン
およそ340円
安過ぎるやろ!

やや日が傾きかけて
心地よく吹く風の中で
ほんとに幸せなひとときだった

ComGa_A_Hai_1306-112.jpg

ビールを二缶飲んで
ほろ酔いでお店をでて
店頭の写真をぱしゃぱしゃ撮ってたら
横に座っていたふたりのおにいが
ぼくらの写真も撮ってくれというので
カメラを向ける

そしたらちゃんとポーズとってくれる
ベトナム人のこういう人懐っこいところが
ぼくは大好きだよ!

ほんとに美味しい楽しい
そして安上がりな
ダナンの夕方のひとときだった


■ベトナムの話 ぜんぶ


──────────
【訪問日】 2013年6月 
【店名】 Quán Cơm Gà A.HẢI
【住所】 100 Thái Phiên, Đà Nẵng, thành phố Đà Nẵng, Việt Nam
【キーワード】 ダナン コムガー 鶏飯 鶏ごはん
──────────




大きな地図で見る
関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments - 0

There are no comments yet.

Comment welcome !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。